九州最大級の夜桜に注目、佐賀県武雄市の御船山楽園の桜はいつが見頃?

2021年3月27日 09:15更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

佐賀県武雄市の御船山楽園で3月中旬から4月上旬にかけて桜が見頃を迎える。

標高210メートルの御船山の断崖を背景に桜が咲き誇る写真は主催者提供


御船山楽園は、佐賀・鍋島藩の第28代武雄領主・鍋島茂義が、約3年かけて1845年に完成させた池泉回遊式庭園。約15万坪の広大な敷地内には、ツツジや桜、カエデなど数十万本の植物が植えられており、四季折々に美しい花を咲かす。

桜は、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤエザクラなど約2000本が約2万5000坪のエリアにわたり咲き誇る。また、3月19日(金)から4月4日(日)の18時30分から22時までは、九州最大級の桜のライトアップを実施。御船山の岩肌を背景に、桜の花と池の水灯篭が作り出す幻想的な光のコントラストは必見だ。

【写真】ライトアップされた桜が池の水面に映り込む幻想的な景色が広がる写真は主催者提供


4月中旬からは20万本のツツジ、樹齢170年の大藤などの花々が咲き競う。花見台から見るツツジの群生地はあでやかで見事の一言。長いもので150センチメートルの花房がなる大藤は甘い香りを漂わせる。

桜を皮切りに、ツツジ、大藤など多彩な花々がバトンを受け継ぐ御船山楽園の春を満喫しよう。

※入園料は昼夜共通:大人(中学生以上)600円、小学生250円。4月5日(月)から5月5日(祝)は大人(中学生以上)700円、小学生300円。竹林亭・御船山観光ホテルに宿泊の方は入園無料。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】
屋外
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来園者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来園自粛/咳エチケット/入園時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入園制限

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全6枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る