歴史的建造物と桜の調和した景色、和歌山県岩出市の根來寺の桜が見頃

2022年3月31日 19:37更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

和歌山県岩出市にある新義真言宗 総本山 根來寺で桜が見頃を迎えている。入山料は、大人(中学生以上)500円、子供は無料。


根來寺は大阪市内から車で約60分・関西空港から約30分ほどの和歌山県北部にある新義真言宗の総本山。高野山の高僧・覚鑁(かくばん)上人が、1132年(長承元年)に学問探究の場である「伝法院」として建立。戦国時代には大きな勢力を備えていた根來寺は、豊臣秀吉に攻め入られて大塔・大師堂などの2~3の堂塔を残して全山焼失した。

徳川の世になってから復興が許され、現在は国宝で日本最大の木造の多宝塔「大毘廬遮那法界体性塔」(だいびるしゃなほっかいたいしょうとう)通称「大塔」のほか、重要文化財の本尊大日如来(だいにちにょらい)・金剛薩埵(こんごうさった)・尊勝仏頂(そんしょうぶっちょう)の三体が奉安されている。また、2019年には大伝法堂・光明真言殿・大門・不動堂・行者堂・聖天堂が新たに重要文化財に指定された。


およそ350万平方メートルの広大な境内には、ソメイヨシノやヤマザクラなど約7000本の桜が植えられていて、歴史的な建造物と桜の調和する景色が参拝者の目を楽しませてくれる。
https://hanami.walkerplus.com/detail/ar0730e26179/

「日本さくら名所100選」にも選ばれた根來寺の桜で春を満喫しよう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大の状況などによっては急きょ、予告なく営業内容を変更する場合がございますので、予めご了承ください。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る