味も見た目も楽しめる!モスバーガーから食べるシェイクが新登場

2017年3月2日 20:23更新

東京ウォーカー(全国版) コタニ

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

モスバーガーから、ほろ苦いコーヒーゼリーを使用した食べるシェイクが新登場。

モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスは、3月28日(火)から一部店舗除く全国のモスバーガー店舗で、「玄米フレークシェイク カフェゼリー」(レギュラー380円/プチ280円)を定番商品として新発売する。

「玄米フレークシェイク カフェゼリー」のレギュラー(380円)

「玄米フレークシェイク カフェゼリー」のレギュラー(380円)

すべての画像を見る(2件)

小さなパフェをイメージした食べるシェイクとなる「玄米フレークシェイク カフェゼリー」。苦みの効いたコーヒーゼリーとバニラ風味のまろやかなシェイクのハーモニーとともに、黒と白のコントラストで見た目も楽しめる美しいスイーツとなっている。

コーヒーゼリーの上に、バニラ風味のモスシェイクと玄米フレーク、ホイップクリームを重ね、 苦みの効いたコクのあるコーヒーソースをトッピング。コーヒーゼリーには、苦みとコクが引き立つようにブレンドした豆を深煎りでローストし、高温で短時間で抽出した香り高いエスプレッソを使用。コーヒーソースは洋酒を加えて、コーヒーの風味を引き立たせている。

香ばしさやサクサクとした食感が特徴の玄米フレークと、苦みやコクを残しつつ甘さ控えめなコーヒーゼリー、まろやかなシェイクが混ざりあうスイーツ。それぞれの味わいを楽しみつつ、絶妙なマッチングも堪能しよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る