日本全国を旅する豆柴の旅行記!かわいい柴犬が巨大なまはげに塩対応!?

2021年4月13日 17:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2匹の豆柴の仲睦まじい姿や、旅行好きの飼い主さんと日本各地を旅する写真に「かわいすぎる!」とファンになる人が急増中の「豆柴なつ&ふゆ」(Instagramアカウント@mameshiba.natsuinu56)。2020年10月には、日本47都道府県を訪れた柴犬であることから「旅柴」としても話題に。そこでウォーカープラスでは2匹の旅の軌跡を連載として追いかける。

今回は、秋田県旅行の旅の思い出を紹介。武家屋敷や田沢湖、なまはげの巨大像など、どこへでかけても表情を変えないマイペースな2匹をチェックしよう。

武家屋敷や瑠璃色に輝く田沢湖へおでかけ!

食いしん坊でおっとりとした性格の赤柴の「なつ」&黒柴の「ふゆ」。2015年からは旅好きの飼い主さんに連れられ「旅柴」として、寺社仏閣や景勝地、名物グルメを満喫しながら、日本各地を訪れている。

2019年10月には、東北地方を巡る旅のなかで自家用車で秋田県に訪れた。最初に向かったのは、江戸時代から続く町並みが残る「角館」。黒板塀が続く通りに武家屋敷が公開されている町は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。ここでは、歴史に思いを馳せるかのように、渋めの表情で決めるなつ&ふゆ。

角館歴史村・青柳家の前でかしこまって記念撮影


次にやってきたのは、日本一深い湖「田沢湖」。湖面が鮮やかな瑠璃色に輝き、神秘的な雰囲気に包まれている県内の名所だ。ここで有名なのが、永遠の美貌を望んで龍に変身させられたと伝わるたつこ姫の「たつこ像」。美容にご利益のあるパワースポットで、2匹も美のエネルギーを吸収したのだった。

田沢湖でパワーをチャージするなつ&ふゆ

パワースポットで、毛並みがツヤツヤになったなつ&ふゆ。お土産の秋田犬ぬいぐるみを気に入った様子


巨大なまはげにも動じない強心臓!

それから、秋田と言えばのなまはげを見に「男鹿半島」にも訪れた。ここでは3つのスポットになまはげ像が設置されていて、なかでも男鹿総合観光案内所にある約15mもの高さのなまはげがド迫力!しかし基本的に物怖じしないという2匹は、なまはげの恐ろしさにも動じず、大物感を漂わせていた。

男鹿半島のなまはげにも動じない強心臓のなつ&ふゆ


また、飼い主さんいわく、秋田県はペットOKの宿のクオリティが高かったという。「田沢湖の近くでペット可の宿に泊まりましたが、宿の周囲に遊歩道があり、大自然のなかをのんびりお散歩できる環境だったのが好ポイントでした。訪れた時期は紅葉がきれいで、しかも地元の関西では見られないような色づき方で美しかったですね。県内には観光名所も宿の数も少ないですが、犬連れの宿は特におすすめ。それから、きりたんぽが予想以上においしかったのも印象的でした。食いしん坊ななつとふゆの食いつきはイマイチでしたが(笑)」

山吹色のように色濃い紅葉に魅せられた2匹


秋田の大自然に触れてのんびりと過ごした、なつ&ふゆ。残念ながら現地では秋田犬とのコラボが叶わなかったが、後日大阪周辺でたまたま秋田犬と遭遇したことがあったそうで、秋田犬ともすぐ打ち解けていたとのこと。

大阪で偶然出会った秋田犬とパシャリ。体格の違いが歴然!

後日、また別の秋田犬とも遭遇。ここでも仲良く記念撮影をしたなつ&ふゆ


秋田県では歴史や自然に触れてしっぽりと過ごしたなつ&ふゆ。そんな2匹の旅はまだまだ続くのだった。

※当記事は過去に旅した写真を交えて構成しています。

この記事の画像一覧(全73枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る