フードコートの目の前にお城が出現!?食後はお城のような複合遊具がある公園で遊ぼう!

2021年6月11日 16:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

地域に密着したお店が集まり、週末には子どもを連れたファミリーでにぎわう「イオンモール姫路リバーシティー」。今回、モール内のフードコートと隣接する「飾磨中央公園」がモールにお買い物にくる家族に人気だというウワサを聞きつけました。一体どんなところなのか、子どもと一緒に週末ランチと公園遊びを楽しみに、「イオンモール姫路リバーシティー」へ人気の理由を探りに行ってきました。

※同記事の情報は2020年3月取材時のものです。掲載各店舗では、新型コロナウイルス感染拡大防止策のため、営業形態が変更になる場合があります。

好きなものを選んで腹ごしらえ 1F「フードコート」

1Fマジックガーデン入口に直結し、広々としたフードコート。ハンバーガーやラーメン、クレープ店など、子どもにも大人にも人気のショップがラインナップされています。食事だけでなく、お買い物の合間に気軽に休憩ができそうな雰囲気です。イス席だけでなく、ゆっくり落ち着ける6人がけのソファー席もあるので、ママ会や女子会で集まるのにも良さそう!

栄養満点!お得なキッズメニュー

週末のランチ時には家族連れでにぎわうフードコート。お昼ご飯に子どもが選んだメニューが「長崎ちゃんぽんリンガーハット」のちびっこちゃんぽんセット410円。使用する野菜は全て国産にこだわった長崎ちゃんぽんに、ゼリーとおもちゃが付いたお得なセット。ラー油を使用せず、スープに豆乳を加えたキッズ用の長崎ちゃんぽんが子どもも気に入ったみたいでペロリと完食!たっぷりと野菜を摂ることができ、栄養面もコスパも満足できるので、育ち盛りのお子さまにオススメです。

幅広い年齢に対応した遊具が充実!「飾磨中央公園」

お腹がいっぱいになったところで、いよいよウワサの「飾磨中央公園」へ。マジックガーデン入り口を出ると目の前に、大きなお城のような複合遊具が現れます。見た瞬間、子どものテンションもマックスに!モールと公園の間にある横断歩道では警備員が誘導してくれるので安心です。

アスレチックと合体した大きなお城型の複合遊具。小学生向けの急な角度の大きなすべり台や、未就学児でも楽しめる螺旋式のすべり台に、ハシゴやロープといった登るための遊具が付いています。アスレチックのように遊べるので、子どももクライミングに挑戦したり、うれしそうに何度もすべり台をしたり、頭と体を使って思う存分楽しんでいました。

ロープでできたジャングルジムも、たくさんの子たちでいっぱいです!幅広い年齢の子どもが一緒に遊ぶことができ、譲り合いながら遊んでいる姿に、子どもの成長を感じることができます。ほかにも一人用のかわいらしい遊具があったり、公園内のきれいな園路はベビーカーでもお散歩ができるので、大人と一緒に小さなお子さんでも楽しめますよ。

雨の日も安心!キッズスペースでお茶タイム

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、フードコートのキッズゾーンは当面の間、利用休止になっています。

心ゆくまで公園を楽しんだ後は、再びフードコートに戻ってお茶タイム。フードコートの奥には子ども連れにはうれしいキッズゾーンがあります。低めに作られた椅子やテーブル、ソファ席が用意され、子どもの年齢によって好きな席が選べて便利です。柔らかいマットが敷かれたプレイスペースも用意されているので、ゆっくり食事やお茶をしながら子どもと一緒に楽しく過ごすことができますよ。

さらに、子どもたちが大好きなガチャガチャやゲームコーナーも併設されています。外で遊ぶことができない雨の日も、食べて、遊んで、ゲームができるフードコートに来れば、子どもも満足すること間違いなしです。

ウワサ通り、週末の「イオンモール姫路リバーシティ」は子どもを連れた家族で大にぎわいでした。イオンモールでお買い物や食事を楽しみ、遊具が充実した「飾磨中央公園」でたっぷりと遊ぶことができるので、子どもがいる家族なら、何度も訪れたくなる便利で魅力的な場所でした。

※お出かけする際は、3密を避け、マスク着用などの感染予防策をお願いします。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となる場合があり、表示価格と異なる場合があります。

私が行ってきました!

mine●パパと娘と3人暮らし。食べることと体を動かすことが大好き。普段は出張ピラティスを行い、いろんな場所で開催しています。

この記事の画像一覧(全13枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る