ウォーターズ竹芝で楽しめる、春にぴったりのテイクアウトメニュー3選

2021年4月10日 14:02更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2020年10月に“まちびらき”した「ウォーターズ竹芝」。浜離宮恩賜庭園の緑や水辺に面した、自然豊かなウォーターフロントが特徴の複合施設だ。開放的なテラス席が多くあり、各店舗ではもちろん、テイクアウトでもおだやかな景観を楽しみながら食事ができる。そこで今回、ウォーターズ竹芝の中にある「アトレ竹芝」から、春にぴったりのおすすめテイクアウトメニューを3つ紹介する。

自然豊かなウォーターフロントが特徴の「ウォーターズ竹芝」


BANK30「ベリーワッフル」

【写真】自分へのご褒美にぴったりな「ベリーワッフル」

ワッフルの生地が隠れて見えなくなるまで、いちごとブルーベリーをトッピングした「ベリーワッフル」(1296円)。ホイップとシロップにディップすれば、口いっぱいに甘酸っぱい幸せな香りが広がる。大人の社交場BANK30が作る、自分へのご褒美に相応しい贅沢な春の逸品。

Bluefin by UORIKI「Bluefin特製海鮮ばらちらし」

春の訪れを感じる、色彩豊かな「Bluefin特製海鮮ばらちらし」

全国各地の選りすぐり鮮魚とマグロ料理にこだわった、Bluefin by UORIKIの人気メニュー「Bluefin特製海鮮ばらちらし」(1296円)がテイクアウトに。天然本マグロ、天然ヒラメ、キングサーモン、あおりいか、コハダにアナゴなど、店自慢の魚介をふんだんに使用。色とりどりの具材が織りなす華やかなビジュアルから、春の訪れが感じられる。

シンガポール・シーフード・リパブリック東京「シンガポール・ホーカーセットスープ付」

旅行気分が味わえる「シンガポール・ホーカーセットスープ付」

シンガポール政府推奨のレストラン、シンガポール・シーフード・リパブリック東京が提供する「シンガポール・ホーカーセットスープ付」(1296円)。3種類あるメニューから選べるのが特徴。特にシンガポールの名物料理である「海南チキンライス」は、やわらかく仕上げた蒸し鶏とチキンスープで炊いたジャスミンライスの相性が抜群。遠出したくなるこの季節に、シンガポール気分が味わえる。

ウォーターズ竹芝では、各施設と店舗ごとに新型コロナウイルス対策を実施中。テラス席完備の店舗では春メニューを実施しているところもあるので、開放的な景観と合わせて、ウォーターズ竹芝での春を楽しんで見てはいかが。


※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る