「フェアフィールド・バイ・マリオット・三重おおだい」にステイして楽しむ、奥伊勢トリップ

2021年4月20日 11:55更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
ホテルは3階建て。白を基調としたシンプルな造りで、周囲の植栽と共に、町の景観に溶け込んでいるのがポイント

コンセプトは「心温まる空間。ここが思い出の拠点になる。」。その地方の料理や地元の人々との触れ合いを楽しむ、新しい旅を提案する「フェアフィールド・バイ・マリオット」が、2021年3月9日(火)、三重県大台町にオープンした。大台町周辺は奥伊勢と呼ばれるエリアで、車なら名古屋中心部から約2時間20分で行けるうえ、ホテルを拠点に観光すればよりのんびりと満喫できる。国土交通省の一級河川水質調査で過去11回、日本一に選ばれた宮川での川遊びから里山のカフェまで、奥伊勢の魅力を体感しよう。

「フェアフィールド・バイ・マリオット・三重おおだい」(三重・大台町)

ライブラリーエリア。大きなテーブルが置かれ、翌日の予定を立てたりとゆっくりと過ごせる。棚には地元の工芸品も

「道の駅 奥伊勢おおだい」のすぐ北側に立地。ホテル内にレストランがないのは、自分たちで見つけた店で地元の食材を味わってほしいとの思いから。ホテルから徒歩1分の場所にJR三瀬谷駅があり、電車でのアクセスも便利だ。

部屋はツイン(写真)とキングの2タイプあり、共に約25平方メートル。洗面台がベッドサイドにあるのが特徴で、窓から山と道の駅が見える

ロビーエリアに、その土地の伝統芸能や行事などの写真を展示している

シンクやレンジがあり、弁当などを温めたりもできる。コーヒーは無料サービス


地元の味を盛り込んだ朝食ボックス付きプランも

各ホテルで趣向をこらした朝食が食べられる、朝食ボックス付きプラン(10日前までに要予約)もおすすめ。「三重おおだい」では、地元の野菜や近海で捕れる魚介などを盛り込んだ豪華な弁当が登場。

朝食ボックス。テラスで食べるのもいい。


名古屋からホテルまでのアクセスは、名古屋西ICより東名阪自動車道・関JCT、伊勢自動車道・勢和多気JCTを経由し、紀勢自動車道・大宮大台ICへ。国道42・県道429号線を北へ約3.8キロメートル。片道走行距離は約120キロメートル、片道走行時間は約140分、片道交通費は3180円。

●フェアフィールド・バイ・マリオット・三重おおだい / 住所:三重県多気郡大台町佐原654-41 / 電話:0598-82-3740 / 時間:チェックIN15:00~、OUT~11:00 / 休み:なし / 料金:1泊2名(食事なし)1室1万4520円~ / 駐車場:あり(無料) / アクセス:紀勢自動車道・大宮大台ICより車で5分

ホテルに隣接!道の駅 奥伊勢おおだい(三重・大台町)

地元農家から毎日届く野菜や果物が並ぶ。昼過ぎに野菜がなくなることもあるのでお早めに

「フェアフィールド・バイ・マリオット・三重おおだい」は大台町役場横に立地し、観光案内所を併設しているので、旅の情報収集にも便利。地元で捕れた鹿肉を混ぜたパティとお茶を練り込んだバンズで作る、おいしかばーがーが名物だ。大台町で栽培されるお茶や加工品なども満載。

「おいしかばーがー」(540円)。鹿肉と豚肉を合わせたパティが特徴。ワサビの茎の醤油漬けを合わせた特製マヨネーズがおいしさをアップ

「道の駅 奥伊勢おおだい」北側のミニ階段を上り、道をはさんだ位置に立つ


●道の駅 奥伊勢おおだい / 住所:三重県多気郡大台町佐原663-1 / 電話:0598-84-1010 / 時間:8:00~18:00 / 休み:なし / 駐車場:50台(無料) / アクセス:紀勢自動車道・大宮大台ICより車で5分

清流と森林のエリア・奥伊勢をたっぷり満喫!

「フェアフィールド・バイ・マリオット・三重おおだい」の周辺には、自然を満喫できるスポットがいっぱい!美しい渓谷など、大自然に包まれた奥伊勢の魅力を見つける旅に出かけよう。

Verde大台ツーリズム(三重・大台町)

水上ではボードに座ってパドルの使い方などを練習。10分もあれば立ち上がれるように!

日本一の清流と言われる宮川や奥伊勢湖でのウォータースポーツをはじめ、熊野古道でのサイクリングやトレッキングなど、自然の中でのアクティビティが充実。初心者でも楽しめるSUP体験は、これからの季節にぴったり。ホテルから車で10分。

まずは陸上でインストラクターのレクチャーを受けてからスタート

日本一の清流と言われるだけあって、水の透明度はピカイチ!


●Verde(ベルデ)大台ツーリズム / 住所:三重県多気郡大台町 もみじの里公園清流ベース(SUP体験集合場所) / 電話:080-4840-7315 / 時間:SUPハーフ(150分)9:30~、13:00~、16:00~の1日3回(前日12:00までに要予約、2人より催行) / 休み:4月20日(火)~10月31日(日)はなし、天候により中止の場合あり / 料金:SUPハーフ大人6500円~ほか(時期により異なる) / 駐車場:10台(無料) / アクセス:紀勢自動車道・大宮大台ICより車で10分

阿曽の風穴(三重・大紀町)

中には水もたまっていて、空気はひんやりとした天然のクーラー状態

水の浸食により作られた天然の洞窟。入口が狭くダンジョン感満点だが、中は広く空気もひんやり。年中ライトアップされ、神秘的な自然の姿が見られる。風穴内にはコウモリが眠っていることがあり、間近に見ることも!また風穴のそばには川が流れ、せせらぎが耳に心地よい。ホテルから車で25分。

入口は大人がどうにか入れるほどの狭さ。見逃さないように注意を


●阿曽の風穴 / 住所:三重県度会郡大紀町阿曽 / 電話:0598-86-2243(大紀町商工観光課) / 時間:24h / 休み:なし / 料金:入場無料 / 駐車場:約3台(無料) / アクセス:紀勢自動車道・大宮大台ICより車で20分

CAFE めがね書房(三重・大紀町)

一人出版社として話題の夏葉社の書籍など、新刊も販売。ギャラリーも併設し、写真や絵画の個展も開催

築約80年の古民家を改装した店内に、メガネと本好きなオーナーがセレクトした古本などが並ぶ。コーヒー「めがねブレンド」(450円)は、すっきりさわやかな白と、ほのかな苦味の黒があり、どちらも人気だ。ホテルから車で20分。

「バスクチーズケーキ」(460円)。オーナー自ら手作り。クリームチーズの濃厚な味わいが広がる。ケーキセットにするとドリンクが50円引きに


●CAFE めがね書房 / 住所:三重県度会郡大紀町野原576-2 / 電話:非公開 / 時間:12:00~19:30、土日祝11:00~17:00 / 休み:月曜、第1・3日曜 / 座席:13席(禁煙) / 駐車場:10台(無料) / アクセス:紀勢自動車道・勢和多気ICより車で10分

大平つつじ山(三重・大紀町)

ツツジの赤と森林の緑のコントラストが美しい。あずまやがある広場で、弁当を食べるのも◎

大平山の麓、約5万5000平方メートルにわたって約1万株のツツジが自生。4月下旬から5月中旬が見ごろで、山一面が燃え立つように真っ赤に染まる。遊歩道が整備されているので、山の中に入って山間の景色と美しい花を眺めよう!ホテルから車で25分。

●大平(おおひら)つつじ山 / 住所:三重県度会郡大紀町崎 / 電話:0598-86-2243(大紀町商工観光課) / 時間:24h / 休み:なし / 駐車場:約10台(無料) / アクセス:紀勢自動車道・紀勢大内山ICより車で5分

三重を旅するならココもおすすめ!「フェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜」

周辺の景観に溶け込んだ、3階建てのシンプルな外観

世界遺産、熊野古道浜街道の目の前にある「道の駅 パーク七里御浜(しちりみはま)」に隣接。2020年10月12日(月)オープン。日本の渚百選に選ばれた景勝地、七里御浜海岸も近い。「三重おおだい」と連泊して、大台町で山のエリアを、御浜町で海のエリアを堪能してみては?

ライブラリーエリアはホテルごとに異なっていて、その土地の伝統工芸品を展示

「道の駅 パーク七里御浜」には、特産のミカンで作るジュース工場が敷地内に


●フェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜 / 住所:三重県南牟婁郡御浜町阿田和6115-13 / 電話:05979-2-3301 / 時間:チェックIN15:00~、OUT~11:00 / 休み:なし / 料金:1泊2名(食事なし)1室1万4520円~ / 駐車場:あり(無料) / アクセス:熊野尾鷲道路・熊野大泊ICより車で20分

お家でも道の駅プランに注目!

「フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜郡上」で2021年12月20日(月)まで実施中の、 お家でも道の駅プラン(1万5000円)にも注目。A・Bの2種類のプランがあり、申し込むとどちらも「岐阜郡上」の宿泊券1泊分(2人利用)と「道の駅 古今伝授の里やまと」のご当地食材が希望日に自宅に届く。

プランAは、岐阜県で採れる季節ごとの新鮮な野菜と米のセットが届く

プランBではジビエが登場。猪をはじめ、その時期に応じたジビエに期待!

この記事の画像一覧(全22枚)

キーワード

ページ上部へ戻る