春の花々が咲き誇る、兵庫県淡路市の淡路島国営明石海峡公園で「春のカーニバル」開催

2021年4月15日 17:15更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

兵庫県淡路市の淡路島 国営明石海峡公園で「春のカーニバル」が5月30日(日)まで開催中。入園料は大人(15歳以上)450円、シルバー(65歳以上)210円、中学生以下は無料、参加費が別途必要なイベントあり。

4月下旬から5月中旬に見頃を迎えるラナンキュラス写真は主催者提供


春の花咲く季節に合わせて開催される淡路島国営明石海峡公園の春の祭典。4月中旬頃まで見頃のチューリップに続いて、幾重にも重なった花弁が美しいラナンキュラスや澄んだブルーの花が愛らしいネモフィラ、蛇の目傘を開いたように光沢のあるカラフルな花を咲かせるリビングストンデージーと春のフラワーリレーが続く。

期間中の週末にはさまざまなイベントを開催。動物やかぶとの段ボールクラフトやお絵かき風船が作れる「クラフト体験」(土日祝開催※かぶとは4月17日(土)から5月5日(祝)のみ、150円~)や、「多肉植物の寄せ植え体験」(5月23日(日)までの日祝開催、300円~)、「お花のつみとり体験」(5月22日(土)、5月23日(日)開催、各回40組)などが実施予定だ。

【写真】4月下旬から5月中旬に見頃を迎えるリビングトンデージー写真は主催者提供


淡路島国営明石海峡公園の「春のカーニバル」で、咲き乱れる春の花々を満喫しよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】
屋外
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来場者へのお願い】
三密回避/体調不良時の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る