フジタの旅路と色彩の変遷に注目、神奈川県箱根町のポーラ美術館で「フジター色彩への旅」が開催中

2021年4月19日 17:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

神奈川県箱根町のポーラ美術館で「フジター色彩への旅」を9月5日(日)まで開催中だ。

箱根の自然の中でゆったりとアートを楽しめるポーラ美術館(写真はエントランス)写真は主催者提供


1913年、世界的な画家になることを夢みて26歳で渡仏したレオナール・フジタ(藤田嗣治、1886-1968)は、旅先で目にした風景や人物、異国の歴史や風俗などに創作のインスピレーションを求めた。

1920年代にパリの女性をモデルに「乳白色の肌」を完成させ、パリ画壇の寵児となったフジタは、その後、旅によって新たなモティーフや群像表現のための構図と、色彩豊かな表現手法を開拓していった。

【写真】エコール・ド・パリの代表的な画家レオナール・フジタ(藤田嗣治)写真は主催者提供


1929年の日本への一時帰国の後、パリを離れて南米へと旅立ったフジタは、中米から北米へと移動し、太平洋を渡って再び日本へとたどり着く。東北や沖縄をはじめとする日本各地、そして中国大陸や東南アジアへと移動を続け、1949年にニューヨークに渡るまでは、旅先こそがフジタのアトリエだった。

本展では、フジタの旅とそれにともなう色彩の変遷に焦点をあて、フジタの生涯の旅路と画業の展開をあらためて紹介。レオナール・フジタの軌跡に触れられる「フジター色彩への旅」に出かけよう。

※入館料:大人1800円、シニア割引(65歳以上)1600円、大学・高校生1300円、中学生以下無料、障害者手帳をお持ちのご本人及び付添者(1名まで)1000円

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】
屋内
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る