「スヌーピーえいご」アプリがいよいよリリース!ピーナッツのコミックで楽しく英語学習

2021年4月6日 17:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2021年春、スマホ向け英語学習アプリ「スヌーピーえいご」がいよいよリリース!スヌーピーファンなら一度は思う、「PEANUTS(ピーナッツ)の原作コミックを和訳ナシで読めるようになりたい」という願望が、ついに叶うかも。

ご存知のとおり、PEANUTSの原作コミックは英語表記。主な登場人物が子供ということもあり、スラングなどの覚えたくない悪い言葉は使われず、優しい日常会話を覚えるには最適だと、かねてより注目されていた。
とはいえ、スヌーピーやチャーリー・ブラウンたちの会話には、知らない単語や言いまわしも少なくなく、つたない英語力で読み解くには難儀。グッズに採用されることも多いコミックの場面を目にしても、ふきだしの英文を解読できず、雰囲気しか伝わらないことも多かった。

英語学習アプリ「スヌーピーえいご」で365日楽しく英語を学ぼう

【写真】ホーム画面には、ドッグハウスで寝そべるかわいいスヌーピーの姿が!


今回リリースされる「スヌーピーえいご」は、1日わずか5分、PEANUTSコミックを学習することで、中学で学ぶ英語レベルから日常会話まで、ネイティブの発音やボキャブラリー、慣用句が身に付く。発売は2021年4月末予定。アプリの入手はApp Store、Google Playにて。無料ダウンロードすると、1週間「コミック学習」を試すことができる。アプリ内課金によりプレミアムチケット(参考価格2940円、発売から1カ月間は2580円)を取得すれば、全365話のコミックを毎日1話ずつ学んでいける。

「コミック学習」で英語総監修・解説を務めるのは、アメリカ出身のバイリンガル英語講師、NOBU(山田暢彦)先生。翻訳や解説は、米国系IT企業の日本支社にて培った英語力を生かし、英語教育や翻訳業務に携わる田中淳代先生が担当。

英語総監修・解説を担当するのは、バイリンガル英語講師でベストセラー著者のNOBU先生


コミック学習内のネイティブによるコミック朗読のリスニングコンテンツでは、ロサンゼルス出身の声優、天城サリーさんと、日本在住のアメリカ人俳優ライアン・ドリースさんを起用していて、豊かな表現力でコミックのストーリーを楽しむことができる。

朗読キャストのひとりは、LA出身で22/7(ナナブンノニジュウニ)のメンバーとしても活動する声優の天城サリーさん

もうひとりの朗読キャストは、日本在住の俳優ライアン・ドリースさん。ナレーション、声優としても経験豊富


毎日決まった時間にアプリを楽しみたい人は、設定した時間にリマインドしてくれる“アラーム機能”をON。和文と英文の切り替え可能な“単語帳”は、いつでも好きな時間に単語学習できるので便利。ログインやクイズでもらえるクッキーをスヌーピーにあげると、スヌーピーからお礼が届く“プレゼントボックス”も見逃せない。

毎日のコミック学習に加え、クッキーを1枚消費することで参加できるランキング形式の“単語ゲーム”、月に一度トライできる10問の“月間テスト”など、実力を試すコンテンツも魅力的だ。“月間テスト”をクリアすると、心に響くPEANUTSの名言をコレクションできるなど、遊び感覚で自分の英語力の上達具合を確認できる。

“コミック学習”の画面。吹き出しのセリフに対し、コマの下に和訳が入る

セリフの中で使われる単語や熟語はリスト化され、単語帳に登録することもできる

覚えておきたい言いまわしは“ピックアップフレーズ”でチェック!

単語ゲームは週ごとのランキング形式。上位を狙おう!

「すぬーぴーえいご」の公式ページQRコード


2021年4月19日(月)から25日(日)までは、Twitterにてリツイートキャンペーンも実施。最新情報を逃さないためにも「スヌーピーえいご」の公式アカウント(@SNOOPYEIGO_APP)をフォローしておこう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

(C) 2021 Peanuts Worldwide LLC

この記事の画像一覧(全10枚)

キーワード

ページ上部へ戻る