人気芸人のプライドをかけ、モス“復活メニュー対決”ついに開幕

2009年11月5日 14:35更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

11/5、モスバーガーの人気商品復活をかけた「MOS-1 CUP 2009」キャンペーンの記者発表会に、はんにゃ、オリエンタルラジオら吉本の人気芸人5組が登場。各芸人がそれぞれエントリーされた5メニューの応援大使となり、担当商品をPR。人気芸人の意地とプライドをかけた(?)、ギャグ満載の爆笑発表会となった。

はんにゃが応援する商品は、太いソーセージとバーベキューソースが特徴の「バーベキューフォカッチャ」(2006年発売)。周りからのむちゃぶりで、「フォカッチャスンスンプン(?)ゲーム」なる“新ゲーム”を披露した金田さんは、「ズグダンズンブングンゲームと一緒じゃん」という指摘を受けながらも、「フォカッチャがやわらかくておいしいです!」と懸命にアピール。

一方、「ダンボールから高級肉まで食べられます」とグルメ(?)っぷりをアピールしたのは麒麟の田村さん。担当の「マスタードチキンバーガー」(2004年発売)のおいしさを伝えようとするが「“マヨネーズ的ソース”がめっちゃうまいし、根菜のシャキシャキ感もあるし…」と、案の定グダグダなコメントに…。これには周りから「一回、家に持ち帰って出直して来い!」とツッコミが入るひと幕も。

ほかにも、「ホットチリバーガー」(2008年発売)担当のオリエンタルラジオは「僕バーガー」という一発ギャグを披露したり、「辛味テリヤキチキンバーガー」(2008年発売)担当のトータルテンボスは「はんぱねぇ〜!」とそのおいしさをアピール。「モスライスバーガー 鶏つくね」(2007年発売)を担当するライセンスに至っては、「グランプリになった暁には“モスライセンスバーガー”に名称変更します!」と関係者もびっくりの宣言が飛び出すなど、豪華ライブのようなPR合戦は1時間以上続いた。

人気芸人5組が応援大使となる「MOS-1 CUP 2009」キャンペーンは、来年1/5(火)まで、モスの携帯サイトやHPにて投票を受付中。見事1位になった商品は2010年2/9(火)〜3月下旬の間、復活販売されるとのこと。

「決して芸人の人気で選ばないで!」と強く語る、はんにゃ以外の4組。どれも甲乙つけがたい人気メニューなので、“好きなハンバーガー”に投票して復活を待ってみては? ちなみに、グランプリになった商品を担当した芸人は引き続き応援大使として頑張るとのことなので、来年もモスと5組の人気芸人から目が離せなくなりそうだ。 【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全20枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る