ピーターラビットのエコバッグは柄モノ好きのツボにハマる!今買える3柄を紹介

2021年4月21日 11:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2020年7月からレジ袋の有料化が始まり、エコバッグの持参にも慣れてきた今日この頃。「地球環境のために資源を節約」という意識は大事だけど、楽しくなければ続かない。

だからこそ、使うたびにうれしい気分になれるような、愛らしいエコバッグをゲットしたい。世間ではスポーツやアウトドアなテイストのシンプル系デザインが人気だけど、「無機質なエコバッグでは味気ない」という人もいるはず。

そこで、ピーターラビットの魅力的な総柄エコバッグを紹介!現在、ピーターラビットの公式オンラインショップで購入できる総柄エコバッグは、大きく分けて3柄。それぞれ、色展開やサイズ違いがあるので、見た目と使い勝手から選んでみて。

■サークルロゴとピーターのモノグラム柄

遠くを見つめてたたずむピーターと、サークル型に配されたロゴが散りばめられたデザイン。ベースカラーも品が良く、どんな着こなしとも相性良し。きょとんとしたピーターの表情に癒やされて……!

「レジカゴバッグ」(2420円)※サイズ:39×31×25センチ

【写真】畳むと長財布くらいの大きさに!持ち運びに便利

「レジカゴバッグ」(2420円)は、レジカゴサイズなのに折り畳める珍しいタイプ。収納力が高いので、大荷物の日のサブバッグにもぴったり。ピンクのほか、ブルーもあり。

「ショッピングコンパクトバッグ」(1870円)※サイズ:31×26×18センチ

ピーターの表情がたまらなくかわいい

「ショッピングコンパクトバッグ」(1870円)は、持ち手が補強されているので、たっぷり買い物しても腕に食い込まず持ち運びがラク。かなり小さく折り畳めるので、いつでもバッグに常備しておけそう。ブルーのほか、ピンク、ベージュ、ブラックとカラバリも豊富。

■ボタニカルモチーフ入りのアレンジ版ダマスク柄

ピーターやおなじみの仲間たちと、草花モチーフを版画のように表現。裏地に施された絵本のような総柄は、持ち主だけの秘密の楽しみ。ヴィヴィッドなマゼンタカラーが白地に映え、コーディネイトのアクセントになってくれそう!

「デイリートート」(2200円)※サイズ:22×20×10センチ

コントラストの効いた柄に惹きつけられる

裏地のかわいさは独り占め

「デイリートート」(2200円)は、軽く丈夫なアルミ素材で、総柄もくっきり表現。500ミリリットルのペットボトルがちょうど収まる高さで、コンビニでの“ちょい買い”のお供に最適。ほかに、フチのテープがダークブラウンのタイプもあり。

「クーラートール」(2420円)※サイズ:20×23.5×10センチ

これからの時季、アイスや冷たい飲み物を買ったら「クーラートール」(2420円)の出番!アルミ素材なので水濡れにも強く、汚れたらジャブジャブ洗えるのも便利。

■ピーターのシルエットが紛れるレタード柄

クールな欧文レタード柄と思いきや、この文章はピーターラビットの絵本のフレーズ。ところどころに現れるピーターのシルエットがとってもキュート!

「縦型ショッピングバッグ」(1650円)※サイズ:35×33×14センチ

「縦型ショッピングバッグ」(1650円)は、あるときはショッピングバッグ、あるときはお稽古バッグと、ひとつ持っているとさまざまな場面で活躍してくれる。ネギや大根がはみ出しても生活感の出ないデザインが魅力。グレーのほか、ネイビー、レッドも。

「コンパクトくり手ショッピングバッグ」(1320円)※サイズ:30×26×18センチ

「コンパクトくり手ショッピングバッグ」(1320円)は、折り畳んだときのサイズにちなんだネーミング。頻繁にスーパーで買い物をするなら、このサイズがちょうどいいかも。レッドのほか、グレーも在庫あり。

「コンパクトくり手レジカゴバッグ」(2090円)※サイズ:36×31×25センチ

「コンパクトくり手レジカゴバッグ」(2090円)は、レジカゴサイズで、持ち手は補強付き。肩掛けできるので、徒歩や自転車で買い物する人でも使いやすい。しっかりしたマチがあり、安定感があって◎。ベージュのほか、レッドもあり。

柄モノ好きのツボをくすぐる、ピーターラビットのオリジナルアイテム。購入はピーターラビット公式オンラインショップにて。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

BEATRIX POTTER(TM) (C) FrederickWarne & Co.,2021

この記事の画像一覧(全11枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

特集

ページ上部へ戻る