アムロが乗ったあの機体も。国内初、ガンプラを堪能できる「THE GUNDAM BASE TOKYO」オープン

2017年3月14日 14:42更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

日本が世界に誇るアニメ、「ガンダム」シリーズ。その歴史は、アニメ本編の面白さはさることながら、共に時代を歩んできた“グッズ”を抜きに語ることはできない。ガンダムグッズの中でもとりわけ有名なのが、そう、何を隠そう「ガンプラ」だ。
バンダイは今年夏に、国内初の「ガンプラ」を主体とした総合施設「THE GUNDAM BASE TOKYO」を、臨海副都心エリアの複合施設「ダイバーシティ東京プラザ」7階に出店する。

今夏ダイバーシティ東京にオープン予定の「THE GUNDAM BASE TOKYO」
すべての画像を見る(2件)

同社は1980年7月から「ガンプラ」を発売しており、累計販売数4億5900万個以上(2016年3月末時点)を誇るそれは、プラモデル史上最大のヒット商品シリーズだ。実は「THE GUNDAM BASE」は、韓国と台湾に計11店舗存在している。アジアにおける「ガンプラ」ビジネスの拡大を目的に、オフィシャルショップとして日本に先駆けて出店していた形だ。しかし、「THE GUNDAM BASE TOKYO」は約2000種類のガンプラという世界一の品揃えをもって出店される。ファンにとってはまさに凱旋、満を持しての登場となるだろう。2020年に迎える「ガンプラ」発売40周年に向け、「つくろうガンプラ!」をテーマとした「ガンプラ」のさまざまな情報が同施設から世界へ発信されていくこととなる。

【写真を見る】「THE GUNDAM BASE TOKYO」エントランスイメージ

まだ少々先の話ということもあり、今わかっている情報はここまで。一ガンダムファンとして見守っていきたい。【ウォーカープラス編集部/岩下大志】
岩下大志

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

ページ上部へ戻る