ちまちま食べるのはもう古い!?カニやエビを〇〇して食べるレストラン!

2017年3月15日 17:07更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
新感覚!手づかみで食べる「カニのコンボ」(税抜4500円)


2017年4月1日(土)に、カニやエビといったシーフード料理が食べられるレストラン、「The CRUSTY CRAB(ザ クラスティクラブ)」が名古屋駅にオープンする。

シーフード料理をお酒とともにゆっくりと味わえる「The CRUSTY CRAB」


店名「The CRUSTY CRAB」の「CRUSTY」には“殻のある”という意味の「CRUSTY」のほか、“押しつぶしたように壊す”「CRUSH」という意味が込められており、同店が推奨する料理の食べ方が暗に示されている。

“手づかみ”で食べる!


冷たい「クラブプラッター」(税抜3500円)も手づかみで豪快に!


カニ・海老・魚介などが400gも入ったボリューム満点の看板メニュー「本日のカニコンボ」(税抜4500円)をはじめ、3種の「コンボ」や「クラブプラッター」(税抜3500円)は、手づかみで豪快に食べるスタイル。もちろん、手が汚れるのが嫌な人のためには専用の手袋も用意されるぞ。

デザートまで“砕いて”食べる!


【写真を見る】メインの料理はもちろん、デザートまでもクラッシュして食べる斬新なスタイルに注目!


メイン料理である「カニのコンボ」(税抜4500円)だけでなく、デザートの「クラッシュドルチェ」(税抜790円)もハンマーで“CRUSH”して食べる。デザート用シートで包まれたクッキーやブラウニーなどを、その上から自分好みの大きさにクラッシュ!シートを開けたらソースをかけてオリジナルのデザートにカスタマイズしよう。

朝から営業、しかもブッフェで食べる!


朝食は選べるデリ3種類に、シリアルなどのブッフェとフリードリンクがついて1200円。ランチには、カニやエビを使用したサンドやロールなどがメニューに登場する。デリサラダセットやサラダセットなどもあり、選択肢が多いのも魅力だ。

豪快に楽しく、新鮮なシーフード料理が味わえる「The CRUSTY CRAB」。大皿にのった料理を、仲間とシェアして食べれば、もっと仲が深まるはずだ!【東海ウォーカー/利川果奈子】

利川果奈子

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る