おうち飲みに試して!ビールでもノンアルでもない“微アル”から「ビアリー香るクラフト」誕生

2021年7月13日 12:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

アルコールとの向き合い方は人によってさまざま。長引く自粛生活でアルコール量が増えてしまった、というのもよく聞く話だ。ライフスタイルの変化により、シーンや体質・気分に合わせて、アルコールをスマートに選ぶ、スマートドリンキング=「スマドリ」のニーズが高まっている。そんなスマドリに最適な商品がアサヒビールから発売中の「ビアリー」だ。

アルコール0.5%の微アルを実現!女性にも人気の「ビアリー」

アサヒ ビアリー 350ミリリットル缶/195円

アサヒビールでは、「微アルコール(アルコール分0.5%)」という新しい選択を提案。その“微アル”を実現させた「ビアリー」は、100%ビール由来の原料である厳選した麦とホップを使い、通常のビールと同じ製法で作られている。そこから独自の脱アルコール製法で、アルコール分のみをできるだけ取り除いているので、微アルでもビールのような本格的なおいしさと、きめ細かな泡が楽しめる。

また、「ビアリー」は、20代〜30代の購買率が高く、特に女性の人気の高さが目立っているそう。

フルーティーで華やかな香りの「ビアリー 香るクラフト」が登場

【写真】新発売の「アサヒ ビアリー 香るクラフト 」は華やかな香りが魅力!

そんな人気の「ビアリー」に新フレーバーが仲間入り。微アルの第2弾として登場したのが、フルーティーさが楽しめる「ビアリー 香るクラフト(首都圏・関信越先行販売中)」だ。従来どおり「ビアリー」の脱アルコール製法に加え、華やかな香りを付与した。

実際に飲んだ人たちの感想はというと、「微アルコールなのに、クラフトビールテイストというところがいい。華やかな香りがして、すっきりと飲みやすい。コクも感じる」(20代女性)、「フルーティーで飲みやすい。後味には苦みもあってクラフトビールという感じ。ランチの時など、食事と合わせて飲みたい」(30代男性)、「想像していたよりも本格的な味わい。いい意味で期待を裏切られた」(30代女性)と、性別問わず高評価。本格的なビールの味が苦手な人も、ライトな感覚で楽しめるのが魅力だ。

微アルは、翌日のことを考えてちょっとだけ飲みたい時や、健康に不安ある&体重が増えてきたので休肝日を設けたい時などにぴったり。いつもの一杯に「ビアリー」や「ビアリー香るクラフト」をチョイスして、大人の時間を楽しんで。

※20歳未満の飲酒は法律で禁じられています。
※飲酒の際は、食物をとりながら、自身にとって適切な量をゆっくりとお楽しみください。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

ページ上部へ戻る