2021年「ばんけい夏まつり大花火大会」開催!花火、北海道グルメ、音楽ライブ…と札幌から元気を届ける

2021年7月12日 18:50更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

8月1日(日)に行われる「ばんけい夏まつり大花火大会」。12回目となる今年は、企業の協賛に加えてクラウドファンディングも活用し、開催が決定した。昨年よりも盛大な花火に加え、音楽イベントや屋台も充実。コロナ感染への配慮も徹底した、運営者たちの思いが詰まった花火大会となりそうだ。

2021年の「ばんけい夏まつり大花火大会」はクラウドファンディングで支援を募って開催!


多くの支援が集まり、夏の祭典が実現

「さっぽろばんけいスキー場(札幌市中央区)」にて、8月1日(日)に「第12回ばんけい夏まつり大花火大会」が開催される。2021年度はコロナ禍ということもあり、例年よりも協賛が減少する可能性があることから、クラウドファンディングを活用。実際、協賛企業以外にも支援が集まり、花火大会開催を望む声もあったという。そんな、さまざまな人の思いが詰まった花火大会がついに実現する。

【写真】さっぽろばんけいスキー場で花火が打ち上がる


発数増量&音楽とのコラボも!パワーアップした演出も必見!

同夏祭りは、11時からスタートする。会場には、「ばんけい縁日」として、たくさんの屋台やキッチンカーが出店し、ジャグリングのパフォーマーも登場。北海道グルメから大道芸まで、大人も子供も楽しめる要素が満載だ。自然に囲まれた会場で1日中楽しもう!

いろんな北海道グルメも楽しめる「ばんけい縁日」

自然に囲まれた気持ちいいロケーション

14時からは音楽ライブ「BMF(ban.K Music Festival)」の時間。日本を代表するプレイヤーが集まったジミーオールスターズをはじめ、Soul Power、VOICE OF BRIGHT、SORA、札幌ジャズアンビシャスラテンスペシャルなど、地元で活躍するボーカルグループやバンドが集結。自然に囲まれた気持ちいい空間で上質な音楽に身を委ねてみよう。

音楽イベントも注目

日本を代表するプレイヤーから地元で活躍するミュージシャンまで、さまざまなバンド演奏を見ることができる

そしてイベントは花火大会(19時30分〜20時)でクライマックスを迎える。夜空を彩る花火は、今年は約6500発と、例年よりもボリュームアップ。音楽に合わせた演出もあり、大迫力&見応え十分な30分となりそうだ。

今年は発数を増量し、音楽に合わせた演出など、パワーアップした内容を予定

コロナ感染拡大防止のため、チケットは3000枚限定で販売。売り切れる前に、早めに公式HPから確認しよう。また、7月中旬くらいまでクラウドファンディングを実施しているので、気になる人はこちらもチェックを。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全7枚)

キーワード

ページ上部へ戻る