まさかのオチが待っていた!?かわいすぎる失敗談 花火大会の甘酸っぱい思い出を描いた漫画に思わず胸がキュンとなる

2021年7月16日 15:31更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

今年も7月に突入し、花火が恋しくなる季節がやってきた!しかし、残念ながらコロナ禍でおでかけはまだ自粛ムード…。隅田川花火大会などをはじめ、多くの花火大会が残念ながら開催中止を発表しており、「今年も花火なしの夏になりそうだな」と思った人も多いのでは?

そんな寂しい夏を避けるべく、密を避けるために開催場所や時間を公開せず行われる サプライズ花火 や、 オンラインで花火を楽しめる企画おうちにいながら花火気分を味わえるアイテム なども販売されている。そんな中、ウォーカープラスでは人気作家が描く「花火」をテーマにしたコミックエッセイ企画を実施!

まさかのオチが待っていた!?しばたまさんが書き下ろした甘酸っぱい花火大会のエピソード漫画


今回は、フォロワーから寄せられた体験談をかわいらしいタッチのマンガで描く投稿がInstagramなどで大人気のしばたま(@shibatamaa)さんに、フォロワーから募集した「花火」にまつわる体験談を漫画にしてもらった。

甘酸っぱい!花火を見ると思い出す、淡い恋の想い出とクスリと笑える失敗談

しばたまさんが描いてくれたのは、フォロワーの田村さんのエピソード。田村さんが高校生のころ、友人たちと地元の花火大会へ出かけると、中学のころから思いを寄せる"佐野君”に遭遇する。

【画像】甘酸っぱすぎる!花火大会の思い出エピソードを読む

ちょっと佐野君と話しているうちに、お互い一緒に来ていた友人たちとはぐれるというハプニング!その流れで二人で花火を見たり出店を回って過ごせた田村さん。

甘酸っぱすぎる!花火大会の思い出エピソード2

甘酸っぱすぎる!花火大会の思い出エピソード3

花火大会も終わり、友人たちと合流することなくそのまま2人で帰ることに。帰り道でも、「下駄で足が痛くならないように」と気を遣ってくれる佐野君にますますドキドキしてしまいます。

甘酸っぱすぎる!花火大会の思い出エピソード4

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全67枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る