このチーズ、絶対溶けない。簡単には解けない。

2009年11月11日 17:35更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

11/11はチーズの日って知ってた? そんなチーズの日に楽しんでほしい商品をご紹介しよう! 11/5ビバリーより発売された「とけないチーズ」(1050円)だ。

これは、本物のチーズと見間違えるほど質感やディテールをそっくりに仕上げたABS樹脂製の頭脳パズル。バラバラになった10枚のスライスチーズピースを積み重ねて1つのチーズの塊を組み立てていくのだが、順番を間違えると、チーズに開いた穴などが組み合わず、意外と難易度が高い。表裏の違いもあるので、完成の確率はおよそ19億分の1になるというから、なかなかあなどれないパズルなのだ。

この商品は、食品サンプルのように本物そっくりに作られた立体パズルシリーズ「アタマにおいしいパズル」の新作。梅干しや空豆をグラスにぴったりと詰めていく「あんた うめ〜ね!」「あんた まめだね!」など、シリーズ合計で24万個を販売する人気商品なのだ。今回の開発では、チーズの穴の位置など、パズルの難易度を考慮しつつ、見た目のリアリティーも追求。商品名も市販のチーズにありそうなユニークものにこだわったという。

「バラバラの状態でも組み終わった状態でもチーズにそっくりですが、簡単には『とけない(解けない)チーズ』なんです。自分で組むだけではなく、ちょっと友達にも自慢したりして遊んでみては!」と企画部の東さん。

チーズにはやっぱりワイン(!?)ということで、ぜひワインを楽しみながらチーズのパズルに挑戦してみてはいかが。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る