【おやつアワード】ウォーカー編集部が本気で選出「お酒のお供にぴったり賞」

2021年7月27日 14:24更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ウォーカー編集部が読者に本気でおすすめしたいモノ・コトを表彰する「ウォーカーアワード」。第1回は「今注目のおやつ」。東京、東海、関西各編集部の編集者・ライターに、ジャンルに精通するスペシャル審査員としてスイーツジャーナリストの平岩理緒さん、おやつ大好き芸人の宮下草薙さんを加えて賞を決定。5つの部門別におやつを選出し、今回は「お酒のお供にぴったり賞」を紹介。

「お酒のお供にぴったり賞」は、ビールにワインに合わせたい、ヤミツキ度高めの味が勢ぞろい。家飲みのお供に選びたい、お酒が進む個性的なおやつ4種を紹介。

暴君ハバネロ

【写真】おやつ大好き芸人の宮下草薙がハマりまくった「暴君ハバネロ」

今なお熱狂的なファンを持つ

宮下草薙さんがハマっているのが、東ハト「暴君ハバネロ」(108円)。2003年に発売し爆発的なヒットを記録し、今なお熱狂的なファンを持つ。激辛唐辛子ハバネロを使用。2月にリニューアルしガーリックパウダーを増量することでウマ辛味に磨きをかけた。「中学時代、ブームになってめっちゃ食べました。だからみんなおしりが痛いって(笑)」(宮下)「当時、リング形のお菓子が多かったのはハバネロの影響だと思う」(草薙)

堅あげポテト

「堅あげポテト うすしお味」

「堅あげポテト ブラックペッパー」

「堅あげポテト 焼きのり味」

もうひとつ宮下草薙さんがおすすめするのが、カルビー「堅あげポテト」(各オープン価格)。伝統的な釜あげ製法により、独特の堅い食感と、噛むほどに感じる味わい深さを実現。期間や地域の限定味も多数。「初めて食べて以来、僕の中で"噛めば噛むほどクセになるブーム"が訪れたくらい衝撃でした」(宮下) 「特にブラックペッパーがお酒に合うんだよ~」(草薙)

伝統的な釜あげ製法による独特の堅い食感が特徴


プリングルズ サワークリーム&オニオン

「プリングルズ サワークリーム&オニオン」

サワークリームの酸味とオニオンの旨味

ウォーカープラス編集部からもチップスを推薦。日本ケロッグ「プリングルズ サワークリーム&オニオン」(オープン価格)は、濃厚な旨味がビールに合う。昨年9月にチップを改良し、あとひくうまさ、食べごたえ、パリサク食感がパワーアップ。「プリングルズといえばこの味!サワークリームとオニオンのハーモニーが絶妙でこの濃さがビールに合う!!期間限定発売中のサワークリーム風味が3倍濃いタイプもおすすめ」(ウォーカープラス編集部・町田)

不思議な新食感 濃厚チーズ

「不思議な新食感濃厚チーズ」

これまでになかった新しいタイプの“チーズ”

ウォーカープラス編集部からもう1つ、これまでになかった新しいタイプの“チーズ”を推薦。なとり「不思議な新食感 濃厚チーズ」(140円)は、見た目はスナック菓子のようだが、しっとりした食感で、まさにほかにはない新食感。手を汚さずに食べられる、新しいタイプのチーズ。「チーズ味ではなく、"チーズ100%"で、名前のとおり本当に不思議な新食感。とても軽い口当たりなので、1袋があっという間。個人的には大袋を希望したいぐらいハマっています」(ウォーカープラス編集部・岡部)

お酒に合うものとして選ばれし精鋭たちだが、そのままおやつに食べても美味しいものばかり。家飲みのお供はもちろん、おやつとしても自宅にストックしておいて損はないラインナップ。いろいろな味を試して、家飲みやおうち時間をより楽しく過ごしてみて。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全10枚)

キーワード

ページ上部へ戻る