7月21日今夜、秋田の空にサプライズで“夢花火”が打ち上がる!子供たちへ届ける希望の光

2021年7月21日 18:54更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「子供たちに花火を見て笑顔になってもらえたら…!」という想いを込め、秋田市北部地区の夜空に今宵、希望の花火が打ち上がる。2021年は新型コロナウイルスの影響で土崎神明社祭の曳山行事などが中止となるなか、「子供たちに少しでも元気を与え、明るい未来を想造してもらいたい」という願いを込めて、打ち上げを決定した。打ち上げ場所は秋田市北部地区の5カ所。密を避けるため、詳しい場所や時間は非公開となっている。

2021年の「土崎夢花火」のポスター


希望を届ける花火を!テーマは“子供たちの笑顔のために”

「土崎夢花火」の主催は、秋田みなと振興会と土崎港曳山(ひきやま)まつり実行委員会、港商友会。主催者側に開催に至った経緯を聞いてみた。「毎年当たり前にできていたはずの地域のイベントや学校行事が延期や中止・規模縮小となり、日常生活においてはマスク・除菌・ソーシャルディスタンスと、子供たちにとってはかなりのストレス要因となっているはずです。未来を担っていく子供たちに、夜空を明るく照らす花火で少しでも笑顔になってもらいたい…そんな気持ちで開催を決めました」とのこと。子供たち以外にも、医療関係者や今年中止を余儀なくされた土崎港曳山まつり関係者へも希望を届ける花火となることだろう。

【写真】昨年10月10日に開催された「土崎夢花火」のもの。ポートタワー・セリオンから撮影


密を避ける試みのため、打ち上げ場所や打ち上げ時間などは一切非公開となるが、今夜秋田北部地区に希望の“夢花火”が打ち上がる。それぞれの場所から、それぞれの未来への願いを込めて、今宵は夜空を見上げてみよう。

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

ページ上部へ戻る