トーマスのパッケージがかっこいい「ひんやりゲル」を上手に使う方法とは?

2021年7月28日 10:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

感染症予防のために外出を控えているとはいっても、預かり保育の行き帰りや日用品の買い出しなど、子連れで炎天下を歩くシーンは少なくない。また、家族だけでの夏のおでかけも、感染症を意識してキャンプやアウトドアなど、野外のレジャーを選んだという家庭も多いことだろう。こんなとき、気になるのが小さな子の暑さ対策。

外出時に熱中症や脱水症を防ぐには、こまめな水分補給と日傘や帽子の着用が必須。無理に運動したりせず、できるだけ風通しの良い場所で、ハンディファンや冷感タオルなどを利用して涼をとるのが理想だ。

これらの対策を徹底して講じたうえで、少しでも子供に涼しさを感じさせたいとき、役立ってくれそうなのが「ひんやりアウトドアゲル」(770円)。

「ひんやりアウトドアゲル」(770円)※内容量:30グラム

【写真】バッグやリュックにぶらさげておけるので便利!

子供が喜んでくれそうなパッケージデザイン


こちらは、ひんやりと冷たく感じるゲルクリーム。チューブには 「きかんしゃトーマス」 の絵柄入りだ。ブルーのシリコンカバーにはストラップも付いているので、バッグの持ち手などに提げておけば、いつでもサッとひと塗りできる。

あくまでもひんやり感を楽しむもので、身体を冷やすほどの作用はない。大人が刺激の強いボディシートで冷感を味わうのと同じような位置づけだ。

しつこく「お水飲んで」と伝えても面倒がる子には、「お水をひとくち飲むたびにゲルを1回塗ってOK!」と伝えたら、ゲル塗りたさに水分補給してくれるはず。ついでに、ゲルを塗ったあとにハンディファンで風を送ると、さらに涼感が強くなる。

このゲルにはユーカリ葉油やユーカリシトリオドラ油も配合されている。いずれも虫が嫌う香りなので、虫よけ効果も期待できそうだ。

あると便利な「ひんやりアウトドアゲル」は、きかんしゃトーマス公式オンラインストアにて購入可能。夏の暑さ対策に、早めにゲットして!

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

(C) 2021 Gullane (Thomas) Limited.

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

ページ上部へ戻る