妖怪の夏到来!映画「妖怪大戦争 ガーディアンズ」をまるごと大“怪”剖!

2021年8月9日 09:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

1968年と2005年に公開された映画「妖怪大戦争」がスケールアップして、2021年8月13日(金)より公開。今回はその見どころを、大紹“怪”!

子供から大人まで楽しめる映画「妖怪大戦争 ガーディアンズ」(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ


あらすじをチェック

伝承や昔話に登場する妖怪を描き、昭和、平成と時代ごとに制作されてきた“物の怪エンターテインメント”が、令和に復活!

日本列島を跨ぐ大地溝帯“フォッサマグナ”から目覚めた“妖怪獣”が東京へ向かって進撃。このままでは妖怪獣が、ある危険な存在の封印を破壊し、人間にも妖怪にも未曽有の危機を招いてしまう。そこで古の妖怪ハンターの末裔であるケイが、妖怪たちとの交流を経て冒険とバトルを繰り広げる。

気弱な少年ケイが弟を守るために勇気を振り絞る姿、そしてドラマチックな展開に観る側も心が躍る。さらに伝説の特撮キャラクター“大魔神”まで参戦するサプライズも。誰もが愉快・爽快になれる夏のイチ押しムービーだ。

キャラクター相関図(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ


世代を超えて魅了するPOINT“怪”説

【古来の伝承や学説をリアルな映像へ反映】
かつて最強の妖怪ハンター渡辺綱が鬼どもに無双を誇り、渡辺姓の家庭では節分の豆まきで「鬼は外」と言わないとされる言い伝え、大昔の日本列島はフォッサマグナをはさみ南北に割れていたなど、伝承や学説を丁寧にすくい取り、物語へ反映。圧倒的なビジュアルで映像化している。

燃え盛る都で鬼を成敗する渡辺綱はこの時、実は狐面の女と出会い、浅からぬ縁を結んでいた(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ

冒険を繰り広げるケイが、天邪鬼と共に乗る水龍などVFXを駆使してダイナミックに表現(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ


【昭和特撮界のレジェンド“大魔神”が復活】
巨大な妖怪獣打倒の切り札として、特撮界のヒーロー“大魔神”が55年ぶりにスクリーンに復活。 1966年公開の「大魔神」などシリーズ3作で知られる伝説の武神は、一度甦ると100年暴れ続けると言われる。果たして本作での活躍の顛末は?

令和版の大魔神は、あらゆるものを切り裂き大暴れ(C)KADOKAWA 1966

昭和版の大魔神は江戸時代、村娘の願いに呼応し復活。圧政者どもに死の鉄槌を下す(C)KADOKAWA 1966


【世代を超えた共演陣&主題歌アーティストが豪華】
当代きっての名子役・寺田心を主演に、杉咲花、大沢たかお、大森南朋、安藤サクラほか、主演クラスの実力派俳優が特殊メイクで妖怪を“怪演”。また主題歌はいきものがかりが爽快な書き下ろし曲「ええじゃないか」を提供するなど、キャストもアーティストも超豪華。

松嶋菜々子がケイとダイの母親役で出演。優しくすてきなお母さんの姿に思わずウットリ(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ

6月に3人構成でのラストライブを迎えた、いきものがかり。思いを込めた楽曲も必聴だ(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ


【平成版「妖怪大戦争」監督&神木隆之介も参戦】
本作は2005年に公開された平成版「妖怪大戦争」の三池崇史監督が続投。当時11歳で主人公を演じた神木隆之介も今作に出演し、ケイにフォッサマグナを解説する加藤先生に扮している。さらに岡村隆史の小豆洗いをはじめ、前作に登場した妖怪も再登場しているので要チェックだ。

主演の寺田心をはさんで記念の3ショット。神木の役は前作と関連するのか否かは映画で確認を(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ


寺田心にインタビュー!「神木隆之介さんのアドバイスで、頑張って演じきれました」

本作で主演を務める寺田心に、撮影時の思い出や映画の見どころなどを聞いてみた。

「僕は演じたケイと同じ怖がりで、妖怪やお化けにもビクビクしていたのですが、映画の台本を読んで『妖怪ってかわいいんだ』『妖怪って本当は身近な友達なんだ』って思えるようになりました。撮影は特にアクションシーンが思い出いっぱいです。ワイヤーでつられるのは体が思いどおりに動かないし、鬼切丸(剣)は大きくて重いので振り回すのが大変でしたけど、人間離れした動きの演技ができて、スーパーヒーローになったみたいで興奮しました!」

また、三池監督の印象や、共演者からのアドバイスについても、教えてくれた。

「三池監督もお会いするまで怖い方かな?とビクビクでしたけど、現場では実際に監督が演技をして僕に指導してくださったり、笑えるシーンでは監督が一番笑っていたり、『(演技が)よかったよ』と声をかけてもらえたりして、すごく感動しました。それから、撮影でお会いした神木隆之介さんから『あまり深く考えすぎず、心くんのままでいいんだよ』とアドバイスをいただき、その言葉のおかげで最後まで頑張れました。あと、お母さん役の松嶋菜々子さんが本当に優しくて、すてきだったのも印象的です」

寺田心。2008年生まれ。3歳より芸能活動をスタートし、数々のドラマやCMに出演している(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ


最後に、映画の見どころを尋ねると、「完成した映画を観た時は、グリーンバックのお芝居がCGでド派手になっていて、驚きと発見がいっぱいでした。特に僕が大魔神の肩に乗って妖怪獣に立ち向かうシーンのスケール感にビックリしました。映画を観てもらう時は、ぜひそこにも注目してほしいです。きっと皆さんに『映像の力ってこんなにスゴいんだ!』と感じてもらえるはずです。映像に心を預けて2時間の冒険を、僕や妖怪たちと一緒に楽しんでくださいね!」と語ってくれた。

(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ
(C)KADOKAWA 1966

この記事の画像一覧(全10枚)

キーワード

ページ上部へ戻る