東京駅「エキュート東京」「グランスタ東京」合同 "ひんやりスイーツ"ランキング発表!

2021年8月3日 16:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

JR東京駅改札内のエキナカ商業施設「エキュート東京」と「グランスタ東京」は、スイーツからお惣菜、雑貨までさまざまな商品がそろい、仕事帰りやおでかけの途中に駅構内でサクッとお買い物ができる便利な施設。そんな両施設合同の”ひんやりスイーツ”売り上げランキングが発表された。このランキングの中から、トップ5の商品を紹介する。

東京駅「エキュート東京」「グランスタ東京」合同 ”ひんやりスイーツ”ランキング発表!


第1位 MAISON CACAO「生ガトーショコラ」(2700円/1本)/グランスタ東京

【写真】鎌倉発祥の生チョコブランドMAISON CACAOのロングセラー人気商品

1位に輝いたのは鎌倉発祥の生チョコブランド、MAISON CACAOが誇るロングセラー商品「生ガトーショコラ」(2700円/1本)。厳選したコロンビア産のチョコレートをたっぷり使用し、小麦粉不使用でチョコレート、バター、卵のみで仕上げられている。チョコレートの濃厚さはそのままに、後味はすっきりなめらか。冷やしてしっとりした食感を楽しむのもおすすめだ。

第2位 Now on Cheese♪Hello,Tokyo Station!「チーズケーキサンド」(378円)/グランスタ東京

チーズが主役のスイーツショップのこだわり商品

Now on Cheese♪Hello,Tokyo Station!「チーズケーキサンド」(378円)は北海道産生クリームとオーストラリア産クリームチーズを使用し、じっくりと低温で焼き上げたなめらかなチーズケーキを、しっとりとしたサブレでサンド。チーズが主役のスイーツショップならではの本格的な味わいを楽しめるので、贈り物にもぴったり。

第3位 治一郎「治一郎のプリン」(378円)/エキュート東京

シンプルながらしっかりとした味わいのプリン

3位には治一郎「治一郎のプリン」(378円)がランクイン。卵は卵黄だけを贅沢に使い、北海道産の原乳から作った生クリームをたっぷり混ぜ合わせ、低温のオーブンでじっくりと焼き上げたミルキーでリッチなプリン。濃厚なのにしつこくないプリンは幅広い年代の方が食べやすく、家族への手土産にも喜ばれそうだ。

第4位 ワッフル・ケーキの店R.L(エール・エル)「東京駅限定ワッフル10個セット」(1728円)/グランスタ東京※東京駅限定

東京駅ならではの丸の内駅舎イラスト入りパッケージ

ふんわりと焼き上げた生地にフルーツやクリームをサンドしたワッフル・ケーキの店 R.L(エール・エル)の人気商品、「東京駅限定ワッフル10個セット」(1728円)。パッケージには東京駅ならではの丸の内駅舎のイラストも入っている。定番商品に加えて、東京駅でしか購入できない限定フレーバーが5種類入っている。友人と好きなフレーバーをシェアするのも楽しそう。

第5位 京橋千疋屋「マスクメロンババロア」(993円)/グランスタ東京 ※東京駅限定

丸くカットされたメロンがころんと入っているのがかわいらしい

創業130余年にわたり、常に品質の高い果物を使い、こだわりの味を提供してきた京橋千疋屋の東京駅限定商品「マスクメロンババロア」(993円)。果肉もたっぷり使用され、しっかりとメロンを味わえる贅沢なスイーツになっている。自分へのちょっとしたご褒美にいかがだろうか。


今回のランキングでは、焼き菓子から生菓子まで幅広い人気商品がランクインしており、東京駅のスイーツの充実ぶりがうかがえる。いよいよ本格的に夏らしくなってきたこの季節、東京駅で買える人気“ひんやりスイーツ”に注目してみては。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全6枚)

キーワード

ページ上部へ戻る