クリーニング不要!新型IQOS「イルマ」2機種と専用たばこスティックが新登場

2021年8月19日 10:35更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

8月17日、フィリップ モリス ジャパンが「新型IQOS記者発表会」を開催。“掃除の必要がない”新型IQOS「ILUMA(イルマ)」とIQOS ILUMA専用たばこ「TEREA(テリア) (TM) スティック」の日本での販売を発表した。

新型のフラグシップモデル「アイコス イルマ プライム」


日本で発売されるアイコス イルマ シリーズは、「アイコス イルマ プライム」(1万2980円)および「アイコス イルマ」(8980円)の2機種での展開となる。どちらも“スマートコア・インダクション・システム(TM)”を搭載しており、燃焼させず内側からたばこ葉を加熱。残りかすが出ず、使用後、クリーニング不要である点が最大の特徴で、火も煙も出ないプロダクトとなっている。

アイコス イルマ シリーズは「アイコス イルマ プライム」と「アイコス イルマ」が登場


フラグシップモデルの「アイコス イルマ プライム」は、本体にアルミニウムを使用し、スタイリッシュに仕上げた。ラップカバーを採用しているため、従来のデバイスよりも幅広いカスタマイズが可能。機能性およびデザイン性にこだわった製品だという。

スタンダードモデルの「アイコス イルマ」は、慣れ親しんだ「アイコス 3 DUO」の形状を継承。新アクセサリーのリングでカスタマイズの幅が広がった。

いずれも、スティックを挿入すると自動的に加熱開始、スティックを取り出すと自動的に停止する「オートスタート・オートストップ」、ライトで残りのたばこスティックの使用可能回数を表示する「スマートジェスチャー・リフトアップ」、使用中にホルダーをダブルタップすると、バイブレーションにより、残りの使用時間を通知する「スマートジェスチャー・ダブルタップ」の新機能を搭載している点もポイントとなっている(機能は有効化・無効化が可能)。

さらに、既存のデバイスと互換性がない、新たな専用たばこ「テリア スティック」は、「リッチ・レギュラー」や「ブラック・メンソール」など全11種類が登場(※アイコス イルマ シリーズは「マールボロヒートスティック(R)」および「ヒーツ(R)」は使用不可)。同社は「吸い応えが向上し、スティック一本一本、一貫した味わいを提供することで、より快適なたばこ体験が楽しめる」とアピールする。

新たな専用たばこ「テリア スティック」は全11種類が登場


フィリップ モリス インターナショナルCEOのヤチェック・オルザック氏は、「イルマは光・明るさという意味合い。最新の製品、大幅にステップアップした製品、光をもたらすものということを表しています」と、製品名について説明。「『煙のない社会』の実現、紙巻たばこ全てを『煙の出ない製品へ』切り替えることを目指す弊社は、科学的根拠に基づき、成人喫煙者がアイコスのような、より良い代替品に切り替えるための選択肢を提供させていただいております。将来的には、たばこ葉を燃やすことなく芯から加熱する今回の新型の方式『スマートコア・インダクション・システム』を採用したプロダクトを主流にしていきたい考え。まだ完全に紙巻たばこから『煙の出ない製品』にスイッチしていないという方には、今度こそ大々的にスイッチしていただきたいと考えています」と話していた。

フィリップ モリス インターナショナルCEOのヤチェック・オルザック氏が記者発表会で新製品の説明を行った


なお、「アイコス イルマ プライム」「アイコス イルマ」は、IQOS オンラインストア、IQOS LINE公式アカウントにて、8月17日より予約受付を開始(9月2日(木)から順次配送開始)。IQOS ILUMA Lab 渋谷(期間限定ポップアップストア)、全9店舗のIQOSストア(札幌、仙台、原宿、銀座、名古屋、梅田、心斎橋、広島、福岡)にて8月18日より販売を開始し、9月2日(木)より、全国29店舗のIQOSショップ、全国52店舗のIQOSコーナー、コンビニエンスストアを含む全国のたばこ取扱店舗などで順次販売を開始する。

※ 一部取扱いのない店舗もあります。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る