チーズやトマトの味わい!“おつまみクッキー”が話題

2017年3月28日 20:27更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

サクサク、ホロホロと食感豊かなクッキーは、コーヒーや紅茶と合わせることが多い定番のお茶菓子。だが最近は、砂糖の量を控え、チーズやトマト、ハーブ、スパイスなどを取り入れた“おつまみクッキー”が話題になっている。

「箱根Sagamiya」の“おつまみクッキー”


箱根湯本駅前にある焼き菓子の専門店「箱根Sagamiya」には、おいしい“おつまみクッキー”がある。サクサクとしたサブレ生地に2種類のチーズを練り込んだ「シュクレ・サレ」と「サレ・サレ」(各600円)だ。

前者はほんのり甘く、後者はより塩けが強調されており、お酒にぴったりの味わい。それぞれ、「トマト」と「オリーブ」の2つの味があり、ビールはもちろん、シャンパンやワインなどいろいろなお酒と合わせて楽しむことができる。甘いものが苦手な人や男性にも食べやすく、ホームパーティの差し入れにもぴったりだ。【ウォーカープラス編集部】

編集部

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

ページ上部へ戻る