来年1月22日より「安彦良和/機動戦士ガンダムTHE ORIGIN展」を開催!天才・安彦良和氏のイラストとともに作品の軌跡を辿る

2021年9月27日 18:53更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
赤い彗星のシャア(C)創通・サンライズ

日本アニメの金字塔『機動戦士ガンダム』(1979年放送)でキャラクターデザインを担当した安彦良和氏完全監修となる大規模展覧会「安彦良和/機動戦士ガンダムTHE ORIGIN展」が2022年1月22日(土)より、EJアニメミュージアム(ところざわサクラタウン)にて開催されることがわかった。

会期は2022年1月22日(土)から2022年3月21日(祝)までで、天才・安彦氏の圧倒的なイラストとともに作品の軌跡を辿ることができる。本展の開催にあたり、安彦氏よりコメントが届いているので紹介する。

安彦良和監督のコメント


しつこいコロナのせいで色んなことが予定どおりにいかない昨今、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。私は、おかげ様で元気です。仕事しております。『THE ORIGIN展』というのが(予定どおりですと)来年早々開催されるそうです。『ガンダムエース』誌上での連載が終わってはや十年余。『過去編』のOVAも、制作終了からもう3年になります。でも、皆さまから変わらない応援をいただいているのでそういう運びになったのでしょう。ありがたいことです。

その後、ガンダム本編の映像化については曲折があり、現在『ククルス・ドアンの島』の映画化が進行中です。コロナにもめげず、可能な限りのリモートワークで、それももう大詰めにさしかかりました。オールドファンには懐かしい、若い人にも子供さんにも観て楽しんでもらえるお話が出来上がりつつあります。『THE ORIGIN展』ともども、来年のお目見えをお楽しみに。

【画像】アムロ・レイとRX-78 ガンダム(C)創通・サンライズ


※安彦良和監督による映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』は鋭意制作中。今後の続報に期待したい。
(C)創通・サンライズ

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る