人気ピアニストやソプラノ歌手がフィナーレを飾る!「奈良県みんなでたのしむ大芸術祭」で感動の秋を

2021年10月12日 18:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2021年9月1日から11月30日(火)まで3カ月にわたり開催されている「奈良県みんなでたのしむ大芸術祭」。そのフィナーレを飾るイベントが、奈良県橿原文化会館の小ホールにて11月28日(日)に開催される。

チャンネル登録数6万人を超える人気ピアノ系YouTuber・スミワタルや、奈良県ろう学校演劇部の卒業生で構成された演劇団「空の旅団」、奈良県立高円高等学校音楽科出身のソプラノ歌手・乾彩子などが出演。各分野で活躍するプロのパフォーマンスが一挙に見られるまたとない機会だ。

最後まで「芸術の秋」を満喫できる豪華ラインナップ!

ピアノ系YouTuberのスミワタルは3歳からクラシックピアノを始め、11歳の時にジャズピアニストに転向。ニューヨークへの留学で腕に磨きをかけた演奏は、「音が踊る」と表現されるほど。

ピアノ系YouTuberのスミワタル


「空の旅団」のメンバーは、奈良県立ろう学校演劇部在籍時に「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」での優勝経験も。「表言(ひょうげん)に壁はない」をモットーに、手話や字幕を駆使した独自のパフォーマンスを披露する。

空の旅団(たびだん)は手話や字幕を用いたパフォーマンスを披露


乾彩子は大阪音楽大学声楽専攻を卒業し、同大学院声楽研究室オペラ系を修了。その後はソプラノ歌手として活躍し、第7回あおによし音楽コンクール奈良の声楽部門で第1位、奈良県知事賞を受賞した。観覧は事前申込制となっており、受付期間は~11月10日(水)。また、ライブ配信とアーカイブ配信も実施されるので、どこでも楽しむことができる。詳細は公式サイトを確認。

ソプラノ歌手の乾彩子


出演者によるパフォーマンスのほか3カ月間の芸術祭を振り返る映像など、フィナーレにふさわしい内容に。クロージングイベントを観覧して、2021年の秋を締めくくろう。

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前確認をおすすめします。

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

ページ上部へ戻る