AKB48谷口めぐ、新曲で初選抜入り「諦めないことの大切さをすごく実感しています」

2021年11月1日 23:56更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
AKB48 58thシングル『根も葉もRumor』の選抜メンバーに、7年目にして初めて選ばれた谷口めぐ

9月29日にリリースされたAKB48 58thシングル『根も葉もRumor』。AKB48メンバー単独での久しぶりのシングル曲となる。『根も葉もRumor』に、AKB48の活動を始めて7年目にして初選抜入りを果たした谷口めぐ。活動の幅をどんどん広げ、主演のスペシャルドラマ『メディウムダイバー』(テレビ埼玉)や舞台『悪ノ娘』への出演など、多忙な毎日を送っている。

【写真】AKB48の新曲『根も葉もRumor』への初選抜入り、主演ドラマや舞台への出演など、多忙な毎日を送っている谷口めぐ

「壮絶な人生を送ってきたジェルメイヌを演じて結構しんどかった。無事、千秋楽(10月12日)を迎えてホッとした」と語る、舞台『悪ノ娘』が終わって間もない彼女は、グリーンの大人っぽいニットワンピースで登場。「ひさしぶりにお休みをいただきます!でもやっぱりお仕事で忙しい方がうれしいです!」と話しながら、今の心境を聞かせてくれた。

何年か前に選抜メンバーでもない私が、AKB48単独でシングルを出したいと言ってしまったことがあって...

AKB48としての新しい自分たちの色というのを見つけられた

――谷口さんのパフォーマンスの高さには定評がありますよね。いつか必ず選抜に選ばれる方だと思って注目していました。今回、選抜に決まった時の気持ちを教えてください。

【谷口めぐ】ありがとうございます。AKB48に入って7年目で初めて選抜メンバーに選んでいただきました。諦めないことの大切さをすごく実感しています。何年か前に選抜メンバーでもない私が、AKB48単独でシングルを出したいと言ってしまったことがあって、いろいろ悔しい思いをしました。

こうしてAKB48単独のシングル発売が現実になって、しかもその新曲の選抜メンバーに私が選ばれたことで、悔しい思いを晴らすことができてうれしかったです。

AKB48としての、新しい自分たちの色というのを見つけられたのかなと思います

――すごいですね。自分が思っていたことを実現したわけですね。そんなAKB48単独メンバーでのシングル発売をどう感じていますか?

【谷口めぐ】いままではAKB48だけで勝負する機会がなくて、AKB48の色というのがあまりないかもなと思っていたんです。

姉妹グループさんにはそれぞれのグループの色があると思うので、今回AKB48だけでずっと一緒にレッスンして、メンバーが一体となってがんばってきたことで、自分たちの色というのを見つけられたのかなと思います。

「がむしゃら!ひたむきさ!いっぱい汗をかいてがんばる!」が、私がAKB48のファンだった時の先輩方に感じていた色です

――AKB48はどんな色を見つけられたと思いますか?

【谷口めぐ】がむしゃら!ひたむきさ!いっぱい汗をかいてがんばる!昔、私がAKB48のファンだった時の先輩方に感じていた色が、今のAKB48に出ているのかなと思っています。私たちでこれから新しい時代を作っていくんだという意識がひとりひとりに芽生えているから、辛いはずのレッスンもみんなで一致団結して楽しくやっていました。青春って感じ(笑)。

私たちでこれから新しい時代を作っていくんだという意識がひとりひとりに芽生えている

振りを覚えるレッスンでさえもとても楽しく感じている

――『根も葉もRumor』は振りもむちゃくちゃハードで、高いスキルを要求される曲だと思いますが、どう感じながらパフォーマンスされていますか?

【谷口めぐ】選抜メンバーということもあり、AKB48を引っ張るメンバーのひとりとして気合は入っています。自信をもって胸を張って踊ろうというのを意識しています。メンバーのみんなについていけるかと感じるほどかなりハードですが、選抜メンバーに選ばれたことがうれしくて、振りを覚えるレッスンでさえもとても楽しく感じています。

今回の振りにはウィッチウェイというロックダンスの足技があるんですけど、最初は本当にできなくて、へんてこだったんです。筋トレも含めて一日3時間のレッスンを毎日やっていくうちに、やっと形になってきたのかなっていう感じです。

本番ではアドレナリンがでるので、気持ちと一緒に脚も上がって思った以上に踊れますね!音楽番組に出演してパフォーマンスする度にうまくなっていきたいです!

岡田奈々さん、本田仁美さん、横山結衣さんは、ダンスがすごくて、前でみんなのことをいつも引っ張ってくれていて、私もすごく頼りにしています!いつか隣に並べるぐらいになりたいです!

AKB48を引っ張るメンバーのひとりとして、自信をもって胸を張って踊ることを意識しています

――音楽番組への出演で意識されていることはありますか?

【谷口めぐ】立ち位置は、いちばん後ろのいちばん端っこなので、たまに端っこにカメラが回ってきたりするときに、いかに印象に残るような見せ方ができるかは意識しています。たった1秒、2秒ですが、私にとっては勝負だと思うので、試行錯誤しながらがんばっています。

先日の歌番組出演の際も、「Nothing! Nothing! Nothing! Nothing!~」の2回目のイントロの部分で私がカメラに抜かれたので、(歌いながら)親指と人差し指をピンと立てた右手を下から上に大きく回して、顔の左側で指を銃に見立て構えながら、天に向けてバキュン!と撃ちました!うわぁ、これ改めてやると恥ずかしい~。

自分でもうまく印象を残せたと思っていたら、番組を見てくれたファンの方から、「目立ってたよ!」と言ってもらえました。中学時代からの友達からも連絡があって、「このめぐ、めっちゃかっこよかった!」と褒めてくれたりして、すごくうれしかったです。

ウィッチウェイというロックダンスの足技なんですけど、最初は本当にできなくて、へんてこだったんです

AKB48メンバーがいないひとりの現場は初めて

――選抜メンバーに選ばれると、より忙しくなると思いますが、そんな中、スペシャルドラマ『メディウムダイバー』に主演として出演されましたね。

【谷口めぐ】「AKBホラーナイト アドレナリンの夜」(テレビ朝日)や「AKBラブナイト 恋工場」(テレビ朝日)など短編での主演は務めさせていただいたことがありました。

でも、本格的なドラマへの出演、しかもAKB48メンバーがいないひとりの現場は初めてでした。ドラマへの出演はまだまだ先のことで、まさかこうして自分にドラマのお話がくるとは思っていなかったのでびっくりしました。最初、主演と思っていなくて、「やばい!どうしよう!」と感じながらも、覚悟を決めて撮影に臨みました。

ドラマは、舞台とは違ってこのインタビューのように普通に話している感じで演技するので、自然に話すことを意識しました。ちょっと大げさにやるというのが舞台のイメージなので、そこは違いますね。

立ち位置は、いちばん後ろのいちばん端っこなので、どんな見せ方をするかというのは意識しています

――さらに、舞台『悪ノ娘』にも出演されていました。ジェルメイヌは殺陣も多い激動の人生を歩む役柄でした。演じてみていかがでしたか?

【谷口めぐ】衣装のテイストが自分だけ違っていて、赤の鎧を着ていてかっこよかったのでうれしかったです。今回も重い内容のお話になっていて、お父さんを殺され、リリアンヌ(ZOC藍染カレンが演じる)に復讐するつもりで戦って、復讐を果たしたと思ったら、義理の弟であるアレン(三品瑠香が演じる)が殺され、最終的に自分も冤罪で殺されてしまうという、精神的にも結構辛い、とんでもないお話だと思いながら演じていました。

中学生の時にめちゃめちゃハマっていた楽曲、鏡音リン『悪ノ娘』、鏡音レン『悪ノ召使』に関係するミュージカルに自分が関わらせていただけるというのがすごくうれしかったです。

本格的なドラマへの出演、しかも、AKB48メンバーがいないひとりの現場は初めてでした

ジェルメイヌは先導者なので、戦いのシーンは多かったです。台詞も殺陣も物量が多く、毎回張り詰めた気持ちで緊張感をもって出演していたので、無事に千秋楽が終わって本当によかったなとホッとしています。

狭い舞台で大人数で戦うシーンも多く、毎日2公演あったので体力勝負で、家に帰ったらいかに早く寝るかをがんばっていました。

前回、『舞台少女ヨルハ Ver1.1a』という舞台で、殺陣に本格的に挑戦してから、今回の『悪ノ娘』が2回目だったんですけど、やっぱ殺陣は楽しいな!私は殺陣が好きだ!もっともっとやりたいと思いました。

やっぱ殺陣は楽しいなと思いました。私は殺陣が好きだ!もっともっとやりたいと思いました

いろんなことに挑戦して、もっと広い世界を知りたいなって思う

――新曲の選抜メンバーに選ばれ、ドラマの主演にも抜擢、舞台への出演と多忙な毎日を過ごされていますが、この状況をどのように感じていますか?

【谷口めぐ】期待されているという反面、その期待に応えないとこのチャンスがなくなってしまうので結構プレッシャーも感じています。

――来月、11月12日に誕生日を迎えられますね。どんな一年にしようと思っていますか?

【谷口めぐ】22歳は『根も葉もRumor』の選抜メンバーに選んでいただくなど、いろんなチャンスをいただけた一年だったので、23歳はこのチャンスをモノにできるような一年にしたいです。

舞台にももっと出演したいですし、映像の作品にもたくさん出たい、めっちゃ難しそうだけど、モデルさんのお仕事もしてみたいです。もっともっといろんなことに挑戦して、経験値を上げていきたいです。まだ、自分が見ている世界は狭いなって思います。今回、『悪ノ娘』の舞台に出演してもそう感じました。

今回のようにお仕事をさせていただいて、いろんな方とお会いする度に、いままでの世界ってこんなに狭かったんだと思ったので、もっと広い世界を知りたいなって思います。

期待されているという反面、その期待に応えないとこのチャンスがなくなってしまうので結構プレッシャーも感じる

――横山由依さんの卒業コンサート(MXまつり「横山由依卒業コンサート〜深夜バスに乗って〜」supported by 17LIVE 〈11月27日にパシフィコ横浜国立大ホールにて開催〉)にも出演されますね。

【谷口めぐ】私はNot yet(AKB48から派生した4人組アイドルユニット)で横山由依さんのファンになり、虜になってしまって、それからずっと大好きなんです。私がAKB48のメンバーになってからも、ファン時代から好きだった横山さんの姿が見られてすごくうれしかったです。

本当に素敵な方で横山さんのような先輩になりたいと思っています。横山さんの卒業コンサートでは横山さんへの感謝の気持ちを込めてがんばります。

――横山由依さんにひと言、お願いします。

【谷口めぐ】横山由依さん。卒業してからもずっと推しです!私の推しは横山さんです。ずっと横山さんを追いかけてがんばってきました。これからはいちファンとして、横山さんの夢を応援しています!

23歳はこのチャンスをモノにできるような一年にしたいです

――谷口さんの今後の活躍がさらに楽しみになってきました。ファンの皆さんにメッセージをお願いします。

【谷口めぐ】いつも応援してくださるファンの皆さん、私はこれからもたくさん経験を積んでより素敵な人になりたいと思っていますので、この挑戦を温かく見守って欲しいなって思います。応援していて楽しいと思われるようなアイドルになれるようにがんばります!皆さん、『根も葉もRumor』をぜひ愛してください!

舞台『悪ノ娘』が終わって間もない谷口。疲れも見せず、グリーンの大人っぽいニットワンピースで登場


撮影・取材・文=野木原晃一

この記事の画像一覧(全14枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る