焚き火はキャンプの醍醐味!話題の新店「CAMP LINK岐阜店」で見つけた注目の焚き火台を紹介

東海ウォーカー

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

キャンプの醍醐味といえば焚き火。ゆらゆらと燃える炎を囲んで、家族や恋人、友達たちとお酒を飲みながらゆっくりと会話を楽しむ。「キャンプに来てよかった!」と感じるかけがえのない時間だ。特に火のありがたさを実感できる冬の焚き火は、よりいっそうの喜びと幸せを感じられるはず。しかし、さまざまな焚き火台があるので、どれを買えばいいのか迷ってしまうもの。そこで、10月にオープンしたばかりのキャンプギア専門店「CAMP LINK岐阜店」で見つけた注目の焚き火台を紹介する。

店内には所狭しとキャンプギアが並び、テントの試し張りスペースも確保。キャンプ初心者から上級者まで満足させる品揃えを誇る

オープンから連日にぎわいを見せる「CAMP LINK岐阜店」。YouTubeのチャンネル登録者数42万人(10月現在)を数える、さばいどる・かほなんが公式アンバサダーを務める


さて、焚き火台を選ぶ前に、まずはどんなグループでキャンプをやるのかイメージしておこう。ソロやデュオのキャンプなら荷物が減った方がいいのでコンパクトなものがおすすめ。一方、家族などグループでキャンプを楽しみたいなら、強い火力を生む大きめの焚き火台が一般的にはベター。グリル付きのアイテムならBBQなど幅広い楽しみ方ができる。

「最近は見た目を重視される方が増えており、焚き火台もSNS映えを意識してデザインされたものも多いです。ただ、軽さや組み立てやすさなどの機能性、丈夫で長く使えるかどうかも考えて選ぶのがいいと思います。焚き火を囲む人数や調理の有無なども事前に検討しておきましょう」(CAMP LINK岐阜店スタッフの中島)

気さくな接客で人気のスタッフ中島さん。中島さん自身もキャンパーなので、親身になってアドバイスしてくれる


国内のブランド・メーカーとモノづくりを楽しむロックターミガン

さっそく機能性とデザイン性を兼ね備えた焚き火台をいくつか紹介したい。ロックターミガンはホームセンターバローのオリジナルブランドで、岐阜県内や新潟県の燕三条など、国内のブランド・メーカーとコラボした高品質な商品を展開する。焚き火台のほか、シュラフやシェラカップなどもあり、現在はテントを企画中。これから注目のブランドなので今のうちにチェックしておこう。

ロックターミガンのクロスボンファイヤー(2万4200円)。炎でブランドロゴが浮かび上がる。火床にあるライチョウの足跡もキュート。調理にも向いている。ステンレスを使ったジャパンメイドの焚き火台

6枚のプレートを重ねるロックターミガンのカラクサ(3万3000円)。唐草模様の穴はデザイン性だけでなく、空気を取り入れて燃焼効率をアップさせる役割も果たす。こちらもジャパンメイドのステンレス仕様


北海道発のガレージブランド・トリパスプロダクツ

存在感のある焚き火台を探しているなら、トリパスプロダクツのアイテムがおすすめだ。金属加工を得意とする北海道発のガレージブランドで、岐阜県内では「CAMP LINK岐阜店」のみの取り扱いとなる。中でもグルグルファイヤーは、どこにもない特徴的なフォルムが一部のキャンパーの中で話題に。鹿のツノをイメージさせるパーツに飯ごうをつるせば調理も可能。機能面も抜かりない。

「CAMP LINK岐阜店」ではトリパスプロダクツのアイテムをほぼフルラインナップで揃えている。グルグルファイヤー以外にも個性的な焚き火台があるので店頭で確認しよう。

トリパスプロダクツのグルグルファイヤー(XS 1万6280円)。複雑な構造をしているが、工具不要で簡単に組み立てることができる。XS・S・Mの3サイズを展開し、ソロ、デュオ、ファミリーとさまざまなシーンで活躍する


強力な炎を求めているならマウントスミのバッドボンファイヤーに注目。つぼみをイメージした八角形の無骨なフォルムで、薪を効率的に燃やすことを計算して作られている。焚き火初心者でも簡単に火起こしが可能。サイズは大きいが折り畳めばコンパクトに収納できる。

マウントスミのバッドボンファイヤー(2万9150円)。二次燃焼を起こす二重構造に加え、炎が持続しやすい深型。一般的な焚き火台より高い燃焼効率を実現

ほかにも多種多様な焚き火台を揃える。お気に入りのアイテムがきっと見つかるはず

火吹き棒など焚き火の関連アイテムも充実。キャンプギア専門店ならではのラインナップを誇る


「CAMP LINK岐阜店」が推す〝焚き火ウエア〟スタイル

大切な衣類が汚れたり破れたりしてしまうと楽しい時間が台無しに。そこで用意したいのが、「CAMP LINK岐阜店」が提案する〝焚き火ウエア〟だ。
「今はおしゃれを楽しみながらキャンプをやる方々が増えています。そこで、キャンプギアのひとつとして、焚き火ウエアを提案していくことにしました。コットン仕様のアイテムが多く、火の粉が飛んできても穴が開きにくいのが特徴です。ポケットなども多くて機能的ですし、見た目もキュート。エプロンタイプならさっと着用することができます。これからは専用のウエアを着用して炎を囲むスタイルが定着すればいいなと思います」(CAMP LINK岐阜店スタッフの中島さん)

焚き火ウエアを着て焚き火を楽しんでみては。試着室もあってうれしい


焚き火ウエアのほかにも、関連アイテムとして火吹き棒やメタルマッチなども充実。ここで紹介した以外にも「CAMP LINK岐阜店」にはたくさんの焚き火台があるので、お気に入りが必ず見つかるはず。マナーとルールを守って、この冬はキャンプ場で焚き火を楽しもう!

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全10枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

おでかけ特集

今注目のスポットや話題のアクティビティ情報をお届け

アウトドア特集

アウトドア特集

キャンプ場、グランピングからBBQ、アスレチックまで!非日常体験を存分に堪能できるアウトドアスポットを紹介

ページ上部へ戻る