主演舞台『修羅雪姫』で女優に復帰した今泉佑唯!大西桃香、安田愛里と共に舞台挨拶に登壇

2021年11月24日 19:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
約1年ぶりに、主演舞台『修羅雪姫』で女優に復帰した今泉佑唯

昨年10月の活動休止以来、約1年ぶりに女優に復帰した今泉佑唯が主演を務める舞台『修羅雪姫』のゲネプロ&舞台挨拶が2021年11月19日、渋谷「CBGK シブゲキ!!」で行われた。

【写真】女優に復帰した今泉佑唯(中)を支えるべく、大西桃香(左)、安田愛里(右)が共演

『修羅雪姫』は、1972年に週刊プレイボーイで連載を開始し、映画化されて大ヒットした名作。約50年の時を超えて初めて舞台化。ゲネプロ&舞台挨拶には、主演の今泉佑唯、今泉の復帰を支える女優として、大西桃香(AKB48)、安田愛里(ラストアイドル)ら参加。

約40日間の稽古を毎日欠かさず行ったという今泉は約700手にも渡る殺陣を披露

約40日間の稽古を毎日欠かさず行ったという今泉は約700手にも渡る殺陣を披露。「体力を戻すために殺陣の稽古は精一杯やらせていただきました!3キロ痩せました」と語った。

「こんなにパワフルに殺陣をやられている姿を見て本当にすごいなと思いました」と今泉を絶賛した大西桃香(AKB48)

また、そんな今泉を大西は「こんな小さな体で、こんなにエネルギッシュに、こんなにパワフルに殺陣をやられている姿を見て本当にすごいなと思いました」と絶賛。

「必ずLINEをくださって、一緒に合わせようと私のことを考えてくださって...」と今泉の気遣いに感動したことを話す安田愛里( ラストアイドル)

安田は「お家に帰ると、ずーみん(今泉)さんが必ずLINEをくださって、一緒に合わせようと私のことを考えてくださって、本当に周りが見える方なんだなと思いました」と今泉の気遣いに感動したことを話した。

稽古で3キロ痩せたという今泉

最後に今泉は、「この1年、生きていること自体つらいなって感じることもあったりとか、生きていることを否定されているような気持ちになることもあった。でもこの作品で出会えたことで、生きていて価値のない人なんていないんだなって。

「この1年、生きていること自体つらいなって感じることもあった」今泉

みんな生きていることには意味があるんだなとか思えて、すごい勇気をもらえたので、同じようにつらい思いをしている方にこの作品を観ていただけたらなと思います。みんなで一生懸命作り上げた作品ですので、みなさんぜひ楽しんで観てください」と語り、舞台挨拶を締めくくった。

「この作品で出会えたことで、生きていて価値のない人なんていないんだなって」今泉

11月19日~21日までの3日間5ステージ行われる舞台のチケットはすべて完売とのこと。再演に期待したい。

「すごい勇気をもらえたので、同じようにつらい思いをしている方にこの作品を観ていただけたらなと思います」今泉

「みんなで一生懸命作り上げた作品ですので、みなさんぜひ楽しんで観てください」今泉

今泉(左)と安田(右)が戦うシーンも


撮影・取材・文=野木原晃一

この記事の画像一覧(全17枚)

キーワード

ページ上部へ戻る