NMB48・南羽諒が“ネコ様”にメロメロ!イグアナやブタ、カピバラと友達になれる大阪の動物カフェに潜入

2021年12月2日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

大阪・難波を拠点に活動するアイドルグループ、NMB48で活躍中のドラフト3期生・南羽諒(はあさ)。自宅では犬とウサギ、金魚を飼っているほか、将来の夢は「珍獣ハンター」と語るほど大の動物好きとしても知られている。

そんな彼女が素で動物と触れ合いまくる連載「はあさのハッピーあにまる図鑑」、略して「ハピまる」。第4回は、大阪・心斎橋駅から徒歩3分の場所にある「動物たちが暮らす森のカフェ Animeal(アニミル)」へ。

アメリカ村という繁華街にありながら、自然に近い状態で暮らす動物たちの様子にはあさちゃんも大興奮!モルモットからカピバラまで、たっぷり遊んで観察する姿を見て癒やされよう。 (11月24日取材)

今回は街中で動物とイチャイチャ!笑顔で「ハピまる」ポーズ


2022年の運勢をネコが占う!果たして結果は…?

店内に入り、動物との触れ合い方やエサやりについて注意事項を聞いたあと、はあさちゃんが向かったのは2階のアドベンチャーエリア。ここでは、12時〜16時のピクニックタイム、16時〜18時30分のキャンプタイムに異なる種類の動物が登場する。動物たちが本来活動する時間帯とあって、いつ訪れても生き生きとした姿に出会えるのが特徴だ。

「今朝も豆大福(ペットのウサギ)を触ってきました」というはあさちゃんが最初に対面したのはウサギとモルモット。「豆大福もちょうどこれぐらいの大きさですが、最近ダイエットしたんですよ~」と言いながら、慣れた手付きでなでなで。「モルモットはあんまり見たことないです!」と、ちょこまかと動く様子に癒やされた。


続いてスタッフさんにコツを教えてもらい、カピバラにマッサージ。触り心地をたずねると「柔らかいタワシですね」と感想が。「こんな鳴き方するんや!」と楽しそうに観察した。


ここで、ネコのミーシャくんが登場。人懐っこく、はあさちゃんの背中にストンと乗ってくると、「うれしー!激カワ!体重を預けてもらえる幸せ…」と感動。「立派なネコさんだー、いや、ネコ様だ…」とその毛並みにうっとりしたあとは、「肉球やば。もうあかん、連れて帰りたい」とすっかりメロメロになっていた。


アニミルでは2022年1月1日(土)から、2022年の干支であるトラにちなんで同じくネコ科のネコがおみくじを選んでくれるイベントを実施。はあさちゃんもひと足先に体験させてもらえることになり、「やったー!」と大喜び。


ミーシャくんのかわいい手で選ばれたおみくじには、「小吉」の文字が。これにはスタッフさんも「コメントしづらいですよね(笑)」とポツリ。しかしはあさちゃんは「準備をしておくとトラブルを回避できますってあるので、準備しておきます!」とポジティブ。おみくじの内容はすべて「トラ」にちなんだ内容になっているそう。


ちなみに、おみくじは「忖度なしで入っています」とのことで、特別に2回引かせてもらったはあさちゃん。結果はまさかの「凶」だった。これにはスタッフ一同も「さすが、持ってる!」と大爆笑。


ネコのおみくじパフォーマンスは、1月1日(土)~1月3日(月)は毎日、以降は土日祝のみで1月30日(日)まで開催。

イグアナとのご対面で「ゴジラ好き」が発覚!?

気を取り直して、イグアナのもとへ。「ゴジラだ!ゴジラ大好き。ベロがすごい。触った感じは、前に水族館で触ったネコザメみたい。骨も感じます。イグアナを触るのは初めてかも」と言いつつ、しっかり感触を確かめた。オレンジに続き、緑色のイグアナにもタッチ。「目の色がめっちゃジュラシック・パーク」という謎コメントを残し、「さっきの子とベロの色が違う、皮膚が薄い」としっかり観察した。


アニミルには以前、メンバーの出口結菜ちゃんと来たことがあるそうで、「出口も犬を飼っていて動物が好きなんですよ。前回もお昼に来たんですが、イグアナの記憶はないですね。覚えているのは犬とネコとカピバラかな」と話してくれた。

続いて、アオメキバタンのコマチがパフォーマンスを披露。スタッフさんとの「お名前は?」「コマチ」という掛け合いのあと、歌ったり羽を広げて万歳をしたりする姿に、はあさちゃんも歓声をあげて楽しんだ。


歩き回っていたアルパカには「鼻息が素晴らしいわ」と、これまた独特の感想を漏らしながら首を撫で、「ふっさふさで、めっちゃあったかそう」とご満悦。


かわいいスイーツとパフォーマンスに大絶叫!

アニミルでは、動物たちをガラス越しに眺めながら食べられるかわいいスイーツも人気。今回は、ビントロングの切り株アイス(495円)とカピバラのフレンチトースト(550円)を注文。


食事中にはネコちゃんのパフォーマンスがあるとのことで、ガラスにネコのエサで絵を描き始めるスタッフさん。「かわいい!画力すご!」とスタッフさんの絵に感動し、ミーシャくんがやってきて絵をペロペロと舐め出した姿に「ギャー!」と絶叫。まるでアイドルのコンサートに来たかのように興奮するはあさちゃんだが、そのあとは「すごい。ベロの観察に最適」と冷静さを取り戻し、「食事が進まない…」とこぼした。


型から手作りしているというジャコウネコ科のビントロングのクッキーがのった切り株アイスにもウキウキ。「写真のセンスがなくて、あんまり食べ物の写真を撮らないんですよね。いろいろおいしいものを食べてはいるんですけど。出口は本当にこういうのがうまくて、いいなあって」と言いながらなんとか写真撮影をしたあと、「甘いもの大好きなんです!おいしいです」と完食した。ちなみに、アニミルではフードメニューを注文すると滞在時間が15分延長になるサービスも。


ネコの魅力にどんどんハマるはあさちゃん

さらに動物と触れ合うべく、犬、ネコ、そしてはあさちゃんが飼いたいというマイクロブタがいる6階のパークエリアへ。


「ハスキーたまらん!大好き!」と、大きなシベリアン・ハスキーの熱烈なお出迎えに感動するはあさちゃん。「ブタさんやっぱいいですね~」と撫でながら、マイクロブタやミニブタの違いをスタッフさんに説明してもらうと、「ミニブタは100キロまでですよね」と知識も披露した。


最後に、飼いたいと思った動物を聞いてみると「今日1番気になったのはネコです!」とはあさちゃん。「今まで触れ合うことがあまりなくて。この連載が始まって触れ合うようになって、どんどんよさがわかってきました。背中に乗ってもらえると『私でいいの!?』と思います。体重を預けてもらえるうれしさがありますね。ネコさんに合う肩にしていきたい」とうれしそう。

しかし「お母さんが『動物はもう飼わない』って言っているので飼うのは難しそうです…」と、寂しげに報告してくれた。そのあと、「内緒で飼うか…」とつぶやいていたのはここだけの話。


退店する間際まで、立っているモルモットや座布団を抱え込んで座るカピバラに「かわいい…」と熱視線を送り、今回も「本当に幸せでした」と大満足で終了した。


取材・文=上田芽依(エフィール)
撮影=福羅広幸(兄弟エレキ)

※施設の許可を取り、撮影時のみマスクを外しています。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全52枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る