3000万円で福をつかむ!?不況下でもギラギラな“純金カレンダー”

2009年11月20日 13:37更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

11/20(金)、貴金属ジュエリーの老舗「GINZA TANAKA」から2010年版のカレンダー「純金ビッグカレンダー」が、なんと“3000万円”という値段で発売される。

“3000万円”の純金カレンダーには、干支の“虎”にちなみ、国の重要文化財「竹林豹虎図(ちくりんひょうこず)」の一部分を印刷。縦約40cm、横約65cm、純金約6kgを使用して製作している。

そもそも「竹林豹虎図」とは名古屋城本丸御殿に飾られていた襖絵(ふすまえ)で、作者は安土桃山時代から江戸時代にかけて活躍した、狩野派の画家と考えられている。同カレンダーには、純金の輝きで豪華さを際立たせた“虎”が描かれている。

昨年は“横浜開港”を製作するなど、毎年モチーフを変えて“3000万円”相当の純金カレンダーを販売している同社。こんなに高価な商品、ターゲットが誰なのか気になるところだが、「個人はもちろん、企業もターゲットにしています」と広報担当者。この不況下でも需要があることに驚きだが、同社としては“販売”だけが目的ではなく“話題性”を提供するツールとしても考えているようだ。

また、同じデザインで製作した、携帯が可能な名刺サイズの「純金1gカレンダー」(6000円)をはじめ、「純金5gカレンダー」(35000 円)「金箔葉書」(1000円)も11/1より絶賛販売中。3000万円は出せなくても、こちらの商品ならお手軽にセレブ気分を味わえるかも!? 【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る