リサとガスパールのミトンが華やか!汚れた鍋つかみの洗い方も伝授

2022年1月2日 10:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

鍋つかみが家にあるという人、定期的に洗濯しているだろうか?鍋やオーブンの天板などに触れるものなので、清潔にしておくべきなのはわかっているけれど、「そもそも洗っていいものなの?」と思っている人も多そう。結論からいうと、一般的な布製のミトンは洗濯可のものが多いので定期的に洗うべき!

さてここで、洗ってみたはいいものの積もり積もった汚れが落ちない、そもそもコゲて色が変わってしまっていた、という鍋つかみを持っている人へ。「それ、そろそろ買い換え時期ですよ……!」
さっそく、おすすめの鍋つかみを紹介しよう。

「キッチンミトン(レモン)」(3300円)

【写真】手のひら側にシルバーの断熱素材を使用

「キッチンミトン(フラワー)」(3300円)


うさぎでも犬でもない不思議なパリの住人、 「リサとガスパール」 のオリジナルアイテムを取り扱う公式オンラインショップでは、色鮮やかな「キッチンミトン」(3300円)を販売中。

最大の特長は、その鮮やかな色使い!キッチンの差し色として存在感を発揮してくれること請け合いだ。バリエーションは、イエローベースにシトロン柄の“レモン”と、ピンクベースにバラ柄の“フラワー”の2種類。中央に鎮座するリサとガスパールはもちろんのこと、背景に散るレモンとバラまで、油絵のタッチを感じさせるデザインになっている。

こちらは右手用の片手タイプで、手のひら側はシルバーの断熱面になっており、加熱された器具などにシルバーの面をあてて使う。もちろん洗濯も可で、中性洗剤か重曹を溶いたぬるま湯に浸け、軽くもみ洗いして陰干ししよう。

つり下げ用のループも付いているので、よく使う人は見せる収納がおすすめ。発色がきれいなので、つり下げておくだけでパッとキッチンが華やぐはずだ。使い込んで汚れた鍋つかみを買い換えるなら、ぜひ検討を!

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

(C) 2021 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre

この記事の画像一覧(全6枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る