リサとガスパールデザインの瓶が目印!フルーツピクルスって食べたことある?

2022年1月21日 17:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

フランス在住のアン・グットマンとゲオルグ・ハレンスレーベン夫妻が生み出した、うさぎでも犬でもない不思議な生き物 「リサとガスパール」 。その公式オンラインストアでは、雑貨やペットグッズのほか、テーブルウエアやキッチングッズなど、生活に密着したオリジナルグッズを取り扱っている。そんな中で、密かな人気を博しているのが「フルーツピクルス」だ。

「フルーツピクルス(パイナップルとぶどう)」(1026円)※サイズ:直径53×高さ143ミリ、内容量:200グラム

「フルーツピクルス(グレープフルーツとぶどう)」(972円)※サイズ:直径53×高さ143ミリ、内容量:200グラム

「フルーツピクルス(シトラスmix)」(1026円)※サイズ:直径53×高さ143ミリ、内容量:200グラム


ピクルスといえば、歯応えのある野菜のイメージが強いが、こちらはジューシーなフルーツを酢漬けにした珍しい商品だ。さっぱりとしたりんご酢に砂糖とハチミツを加え、バルサミコ酢で味を整えたピクルス液に、相性の良い組み合わせのフルーツと、星型にカットされたナタデココを漬け込んでいる。

【写真】星型のナタデココと清涼感で味を整えるミントは3つの味すべてに入っている。“ご褒美おやつタイム”にぜひ取り入れたい

いろいろな味を楽しみたい人は、シトラスmixがおすすめ

小腹が空いた時にそのまま食べたり、カットしてヨーグルトやグラノーラと一緒に食べたり、はたまたサラダのトッピングにしたりと、間食でも食事でも活躍する。また、少量のピクルス液と一緒に炭酸で割って飲むのもおすすめだ。

健康や美容など、お酢の効能を無理なく取り入れられるのはうれしい限り!何より、思いがけないおいしさは一度食べたらハマるはず。

気になるバリエーションは、食べ応えのあるパインに大粒ブドウのアクセントが効いた「パイナップルとぶどう」(1026円)、さっぱりした口当たりの「グレープフルーツとぶどう」(972円)、オレンジ、グレープフルーツ、パイナップル、ブドウと、柑橘類をメインにした「シトラスmix」(1026円)の3種類で、3本ともそれぞれ内容量は200グラム。リサとガスパールのプリントが施された直径53×高さ143ミリのガラス瓶は、食べ終わったあとも取っておきたくなるかわいさ!

気になった人は、リサとガスパールの公式オンラインストアをチェックしてみて。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

(C) 2022 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る