2010年の百貨店福袋は“流行キーワード”満載

2009年11月27日 10:59更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

正月の風物詩となっている百貨店の“福袋”。趣向を凝らした内容で毎年話題を呼んでいるが、2010年はどんなユニークなものが登場するのだろうか。

まずは、小田急百貨店新宿店が、今年初めて“テーマ別福袋”を販売。早速中身を聞いてみると…その名も「婚活夢袋」(各20000円)。今年の流行語を盛り込んだその福袋には、婦人服の人気ブランド「ディアプリンセス」と「エフデ」のファッションアイテムが。それぞれに、“婚活”におすすめの甘い雰囲気漂う衣服類、例えばニットカーディガンやセットアップの上下、ワンピースやアクセサリーなど、そのまま“婚活”のコーディネートとして活用できるアイテムが詰め込まれている。いざという時、着こなしに迷う女性には便利な福袋だ。こちらは1/2(土)発売で、2つのブランド併せて20個の限定販売だ。

“テーマ別福袋”には「婚活夢袋」以外にも、仕事や通勤に使えるアイテムが入った「働きウーマン夢袋」(20000円)や、部屋でもおしゃれにくつろげるアイテムが入った「リラックス夢袋」(10000円)などが登場する。

また、“スペシャル夢袋”と題して人気の農業体験ができる「アグリス成城でエコライフ夢袋」(50000円)という福袋もお目見え。会員制貸し菜園「アグリス成城」(東京・世田谷区)の農地区画において半年分の利用権が与えられ、農作業用のファッションアイテムもセットになっているという体験型福袋だ。“エコライフ”や“農業”が話題になっている昨今だけに、世相をうまく取り込んだ商品といえるだろう。(同商品は12/26〜1/5までに事前応募、後日抽選限定2組)

次に、東急百貨店東横店が販売するのは、ネーミングからして正月にぴったりな福袋「開運風水トイレタリーセット」(2100円)。便座カバーやトイレマットなど3点入りで、縁起の良いもので新しい年を迎えたいという人にオススメだ。風水では、“家のトイレの方角に合わせて、それぞれ良いとされる色でトイレ内を飾れば運気が上がる”と言われていることから、カラーバリエーション豊富なこのトイレタリー用品が福袋となったのだとか。トイレの方角が東なら青、西なら黄色などと選べるのがポイントだ。

最後に、新宿三越アルコットが1/2(土)に限定100個で発売するのが「得もり フードもりもりバッグ」(3675円)。グルメファンにはたまらない響きの同商品は、「お正月の2日目からは違うものが食べたい」という要望に応え、人気ショップの食材を詰め合わせた福袋になっている。「ジョアン」のフランスパンや菓子パン、「ハロッズ」のジンジャービスケットなどが、通常の半額以下の価格で手に入るというから見逃せない。

ここに紹介した福袋以外にも、各百貨店にて“肉食女子”や“スイーツ男子”をテーマにした、時代を反映するさまざまな福袋が登場する模様。数量限定の場合が多いので、早めにチェックしよう!【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る