トーマスの知育ブック厳選4冊!非認知能力の向上にお役立ちなので親子で読書を楽しもう

2022年3月30日 10:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「未就学児の知育学習に役立つ」との研究成果も発表されている 「きかんしゃトーマス」 。アニメ作品に親しむのはもちろんのこと、遊び感覚で取り組めるグッズも併せて活用したい!というわけで、1歳から小学校に入学するまでの子供&保護者向けの知育ブックをピックアップ。家族でトーマスの世界を楽しもう!

「きかんしゃトーマスでつなげる 非認知能力子育てブック 東京学芸大こども未来研究所/著」(1870円)

「きかんしゃトーマスでつなげる 非認知能力子育てブック」(税抜1700円)

トーマスの知育ブックを始める前に、一度目を通しておきたいのがこの本。「トーマスが幼児教育に役立つってどういうこと?」といった、保護者目線の素朴な疑問に答えてくれる。タイトルにもある“非認知能力”とは、思いやりや意欲、他者とのコミュニケーション能力、そして自制心や忍耐力といった能力のこと。トーマスのストーリーは、これらを育み伸ばすにあたって、ぴったりのツールなのだという。この本では、10本のエピソードと70のキャラクターを選定し、子供の心を豊かにしていくポイントや見極め方を解説。子供と一緒に楽しめるページもたっぷりあるので、親子で隅々まで読み込んでほしい。

「【カラーワイド】はじめて きかんしゃトーマス まんまる号」(1089円)

【写真】「【カラーワイド】はじめて きかんしゃトーマス まんまる号」(1089円)

直径23センチのビッグなヨーヨーが付録に付いた、シール&しかけ絵本。対象年齢は1歳から3歳で、本誌の内容は視覚的に楽しめるため、文字が読めなくても大丈夫!付録のヨーヨーは小さい子供が大好きな鈴入りで、ぽんぽん遊びをする度にかわいい音が鳴る。ビーチボールのようなビニール素材なのでケガの不安もなく、おうち遊びに最適だ。

「【カラーワイド】トーマスとあそぼうブック しゅっぱつしんこう!号」(715円)

「【カラーワイド】トーマスとあそぼうブック しゅっぱつしんこう!号」(715円)

何度も貼り直せるシール33枚に、絵合わせ、探しっこ、しかけ、工作と、紙の本でできる遊びのすべてを詰め込んだ欲張りな1冊。付録は、連結できるトーマス&パーシーの工作と、表と裏の両面楽しめるWポスター。組み立てたトーマスとパーシーは、ポスター裏面にプリントされた線路で走らせて遊ぶことも可能だ。ポスターの表面は、登場キャラ40体の一覧なので、親子で覚えて指差し遊びも楽しめる。対象年齢は1歳から3歳。

「知育ぬりえ ひらがな・すうじ」(330円)

「知育ぬりえ ひらがな・すうじ」(330円)

ぬりえ遊びの延長で、ひらがなや数字に触れられるのが最大の魅力!“勉強”という苦手意識を持つ前に、まずは形や記号として文字を認識してもらおう。できたよシール、トーマスのあいうえお表と、やる気を引き出す2つのおまけ付き。

子供の能力を伸ばす遊びを積極的に取り入れていきたい!というパパ&ママは、全国の書店または「きかんしゃトーマス公式オンラインストア」にて購入しよう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

(C)2022 Gullane (Thomas) Limited.

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る