伝説の一日、吉本新喜劇で間寛平が若手に怒り「ぼーっとするな!」

2022年4月8日 15:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

吉本興業110周年特別公演「伝説の一日」の千穐楽が2022年4月3日に大阪・なんばグランド花月で開催。間寛平、大木こだま・ひびき、天才ピアニストが囲み取材に出席した。

伝説の一日で間寛平らが取材に応じた


間寛平GM、本番中に若手を叱咤

左から天才ピアニスト、間寛平、大木こだま・ひびき

今年、間寛平がGMに就任し、新たにスタートした吉本新喜劇。伝説の一日公演では寛平はホテルの社長役として登場し観客をにぎわせた。

囲み取材では「僕がメチャクチャやって、若手が『こんなことやっていいんや!』ってやる気が出てくれれば」と話した間寛平。現在新喜劇の若手がセカンドシアターや、SNSで盛り上がりを見せていることを満足気に語っていた。

吉本新喜劇の様子


しかし、取材後に行われた千穐楽弐回目の新喜劇公演で異変が起きた。間寛平と辻本茂雄が対峙している場面で、寛平から周りの若手に「ぼーっとするな!」と怒りが爆発。「立ってるだけやから、ドラマの仕事もらえへんねん!」と続け笑いを誘った。

満員座席にこだま「足が震えてきた」

【画像】大木こだま・ひびきは口上で新ギャグを披露

間寛平は渾身の「アメマ!」を披露した

また囲み取材では大木こだまが「(今まで)コロナでお客さんが少なかったけど、今日は満員すぎて、途中から足が震えてきた」と告白。寛平が「足悪いんか?」とイジり笑いを誘った。

寛平からもらったギャグがややウケのこだま


また口上では「チッチキチー」をもじった新ギャグ「ポッポコポー」を披露した大木こだま。寛平からもらったギャグだったが、当の寛平から「あれ、スベッてたな」とチクリ。こだまは「(口上では)3%ぐらいのウケやったけど、漫才でやったら50%ぐらいまでいきました」と振り返った。

元看護師の天才ピアニスト・ますみが寛平の血管年齢を測定

天才ピアニストのネタ披露

最後に「伝説の一日」にちなんだ自身の伝説について尋ねられた間寛平は「木に登って落ちて、助かったことですね」と回答。2017年に行われたツイキャスでの企画中に木登りをし、そこから落ちて全治1カ月の重症を負った出来事を振り返った。

元看護師の天才ピアニスト・ますみが肋骨の治療を説明


この話に真っ先に飛びついたのが元看護師の天才ピアニスト・ますみ。「肋骨って折れても治療はバンド巻くだけなんですよ」と話し、寛平も「そうやねん、めっちゃ詳しいやん!」と盛り上がった。

さらに、ますみは血管年齢を測定できるとアピールし、寛平を測定。ひじの浮き出た血管を触り「寛平さん、年齢にしては若いですけど脱水傾向ですね」と診断した。

その結果に寛平も驚き「よく嫁から『水、飲め』って言われるねん」と告白。大木こだまが「兄さん、マラソンとかで走ってるのに水飲まないんですか?」と心配されると「水って味ついてないから嫌やねん」と語り笑いを誘った。

公演の様子は4月11日(月)12時までFANY Online Ticketで見逃し配信を実施中。チケットは4月10日(日)まで販売されている。

取材・文=さくらいけんたろう

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る