リサとガスパールのクリアファイルで書類を整理!「いちご」と「浮世絵」どっちを選ぶ?

2022年5月5日 17:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

何枚持っていても困らないクリアファイル。職場ではもちろん、学校や家庭と、シーンを問わず活躍してくれる。配布用ならロープライスな無地で十分だが、整理のために複数使うのなら、目印となる絵柄入りのほうが使いやすいのではないだろうか。

そこで提案したいのが、 リサとガスパール のオリジナルクリアファイル。パリ暮らしの作者が描くリサとガスパールは、犬でもうさぎでもない不思議なパリの住人。フルーツと旅が大好きなふたりをモチーフにしたグッズは、パリのエスプリを感じさせる気の利いたデザインばかり!小さな子供はもちろんのこと、大人からも支持の厚いキャラクターだ。

公式オンラインショップでは、4月下旬現在、5種類の絵柄入りクリアファイルを販売中。絵柄のテイストは2つに分けられるので、用途に合わせて選んでみてほしい。

おすすめモチーフ:FRAISE(フレーズ)

「FRAISE」とは、フランス語で「いちご」の意味。リサガスグッズではお馴染みのモチーフで、特大のいちごと戯れるふたりがとってもキュートだ。

いちごの水彩アートが大きく描かれた「クリアファイル(FRAISE)」(330円)と、白地にいちごが散りばめられた「クリアファイル(いちごいっぱい)」(330円)の2種、どちらも欲しい!

「クリアファイル(FRAISE)」(330円)※サイズ:A4

【写真】「クリアファイル(FRAISE)」は両面絵柄入り。こちらは裏面デザイン

「クリアファイル(FRAISE)」

「クリアファイル(いちごいっぱい)」(330円)※サイズ:A4

「クリアファイル(いちごいっぱい)」の裏面デザインはこちら

「クリアファイル(いちごいっぱい)」


おすすめモチーフ:浮世絵

北斎と広重の風景画にリサとガスパールが迷い込んだかのような、浮世絵モチーフのシリーズ。江戸時代の二代浮世絵師が描いた代表作との豪華コラボだ。

絵柄は3種。葛飾北斎は「富嶽三十六景」から「神奈川沖浪裏」「凱風快晴」の2点、歌川広重は「東海道五十三次之内 日本橋」をフィーチャーし、リサガスのふたりが伸び伸びと遊ぶ姿を描く。価格は各418円。

「クリアファイル(富嶽三十六景 神奈川沖浪裏)」(418円)※サイズ:A4

「クリアファイル(富嶽三十六景 神奈川沖浪裏)」裏面はリサガスモチーフのモノグラム柄だ

「クリアファイル(富嶽三十六景 凱風快晴)」(418円)※サイズ:A4

「クリアファイル(富嶽三十六景 凱風快晴)」裏面

「クリアファイル(東海道五十三次之内 日本橋)」(418円)※サイズ:A4

「クリアファイル(東海道五十三次之内 日本橋)」裏面


いちごモチーフはすぐに使うプリント類、浮世絵シリーズには紛失厳禁な書類……と、テイストに合わせて使い分けたら、「あれってどこにしまったっけ?」と慌てることもなくなりそう!ぜひ一度チェックしてみて。


※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

(C) 2022 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre

この記事の画像一覧(全12枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る