ヘルスチェック&運動ができる新感覚レストランがなんばに登場!お疲れモードの編集部員にうれしい変化が!?

2022年5月17日 13:44更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

衛生・環境・健康の3領域で事業を展開するサラヤ株式会社が、「運動+食事=健康」をテーマとした健康スタジオ&レストラン「WAKUPAKU」を、4月27日にオープンした。

オリジナルキャラクター「パクパク」がお出迎え


こちらは、ヘルスチェック機器、トレーニングスタジオ、レストランを備え、自分の体に適した運動や食事が体験できるという新感覚のレストランだ。今回は、日々仕事に追われるウォーカープラス編集部員が「健康になりたい!」と訪問。果たして、お疲れ気味の編集部員の身体に変化は起こるのか…!?

編集部員がレストランを体験!


その場ですぐに結果が出る!まずは健康状態をチェック

まず編集部員が向かったのは、入口右手にある「ヘルスチェックコーナー」。

トレーナーが診断してくれる、ヘルスチェックコーナー


血管のしなやかさを測定する装置をはじめ、AGEs(糖化年齢)測定器具や毛細血管スコープ、血圧計など、6つの機器がそろっている。

ここでは、筋肉量、握力、血圧、毛細血管、AGEs、脈波の6つの項目から、現在の身体の状態を測定する。その6項目の数値を総合し、自身の健康状態をスコア化してくれるのだ。そのスコアから、どんな運動や食事を取り入れればいいかという改善方法まで分かるというのだから、ありがたい。

今回編集部員が体験したのは、毛細血管スコープとAGEs(糖化年齢)測定の2つ。

毛細血管の太さや形で健康状態を診断

糖化年齢測定では、驚愕の診断結果が…


30代に突入し、疲れが翌日に持ち越すようになってきたので、人並みには健康には気を使っているつもり!と意気揚々に診断する筆者だったが、毛細血管スコープでは「毛細血管が太い状態です。肉や脂を過剰に摂っている可能性があります」との結果が!心当たりがありすぎるので、翌日から毎日食べていた食パン&マーガリン、チョコをすぐにやめました(よくも毎日食べていたなと反省中)。

爪先をあてるだけで簡単に診断できる、毛細血管スコープ


また、「疲れがとれない」とお悩み中の編集担当が診断すると「ストレス・オーバーワークなどの可能性が考えられます」との結果に。「当たってる!」と驚くと共に、頭で意識はしていなくとも、体って本当に正直だな〜と、改めて心と体について考えさせられた。

そして、AGEs測定では、2人とも実年齢以上の数字を叩き出し「本当にやばい!」とリアルな現実に直面。「本気で自分の体と向き合おう!」と決心させられた。体にとってもいいきっかけとなるはずなので、ぜひヘルスチェックを体験して欲しい。

短時間で効率よく運動!カチコチ筋肉がほぐれる超振動を体感

ヘルスチェックの結果にショックを受けつつも、「絶対に健康になる!」と意気込み、続いてはトレーニング体験へ。

スタジオでは、ヨガやピラティス、バレトン(バレエ・ヨガ・フィットネスを融合したエクササイズ)など、珍しい約8種のレッスンが開催されている。そのほか、アスリートが使用するという本格トレーニングマシンや、1時間のトレーニング効果をたった15分で得られるという最新機器も用意されている。さらに専属トレーナーによるパーソナルトレーニングも受けられるという充実ぶりだ。

アスリートも使用するトレーニングマシンを備える


今回は、最新マシンを使ったエクササイズを体験。このマシン、何がすごいかというと、足を乗せた瞬間、脳天を突き抜けるような振動が半端ないのだ。超振動に耐えながらスクワットやプランクなどのメニューをこなしたが、体験後は疲労感よりも普段使わないような筋肉が刺激され、全身がスッキリとした感覚に!むくみが慢性化し、ガチガチに固まった筋肉がほぐれた気がする。

全身の筋肉を刺激してくれる超振動を感じながら、エクササイズ


また、スタジオの外には人工芝生が広がっているので、開放的な景色を見ながらのびのびと運動できるのもうれしいポイント。ちなみに、天気がいい日は外でヨガを開催することもあるという。人工芝なので足が汚れることはなく、虫の心配もなさそうだ。

街中とは思えない開放的な空間で、体を動かそう

振動で筋肉がほぐれる感覚が気持ちいい!


多彩なレッスンが用意されているので、自分の理想の体に必要なトレーニングを自由に取り入れられるはず。いっぱい動いたあとは、お楽しみのレストランへ!

体がどんどん潤っていく!ヘルシーなデトックスブッフェ

最後に体験したのは、地産地消をテーマに旬の食材が堪能できる「デトックスブッフェ」。

健康的なメニューが並ぶ「デトックスブッフェ」1780円(価格変動あり)

色鮮やかな野菜がそろい、なにを取ろうか考えるのも楽しい

ドレッシングなしで、そのままでも野菜の甘味を感じられるほど新鮮!


「せっかくトレーニングして消費したのに、運動後に食事はちょっと…」と思いそうなところだが、こちらのブッフェはスーパーフードもとりそろえた野菜中心の料理のため、そんな罪悪感を抱くことなくモリモリ食べられる。

ゴマが香る「ひじきと厚揚げの胡麻マリネ」

季節の野菜が楽しめる「夏の野菜 カポナータ」

ゴロゴロ野菜がたっぷりの「薬膳ポトフ」


ブッフェ台には、フルーツみたく甘い彩りトマトをはじめ、紅心大根、赤オクラ、子持ち高菜、バジルなど、約25種の珍しい野菜がズラリ。さらに、カカオニブやチアシード、アマニなど約5種のスーパーフードもそろい、食材への並々ならぬこだわりが感じられた。

フルーツ感覚で味わえるトマトも


「野菜中心のブッフェって、ガッツリメニューがなくて満足感がいまいちだったりするのでは…?」と不安に思う人もいるかもしれない。だがこちらは、ナチュラルビーフのタリアータや昆布〆真鯛のアクアパッツアなど、肉や魚を使った単品メニューも豊富にそろう。

単品メニュー「ナチュラルビーフのタリアータ ケールとローストアマニ」

単品メニュー「昆布〆真鯛と季節野菜のアクアパッツア」


お皿いっぱいに盛り付けたサラダや単品メニューをたらふく実食したが、重苦しい満腹感はなく、フレッシュ野菜のみずみずしさでなんだか体が潤った気分に。当日の夜は体中の毒素を排泄してくれたのか、最近増え気味だった体重がなぜか減っていたという、うれしい現象が!まさに、デトックスブッフェ。即効果を実感し、感動してしまった。

疲労回復など、効果別で用意されたデトックスウォーターは3種もそろう


フレッシュ野菜はもちろん、ハニーシトロンやリンゴ、キウイなど、保存料不使用の約6種のドレッシングも美味しいので、ぜひ全種試してみて欲しい。自然な甘味が広がる低糖質のロカボブレッドもおすすめだ。

栄養士が監修したドレッシングも用意

レストランは全74席を備える広々とした空間


体験後はうれしい効果をいくつも感じられて、大満足だった編集部員。今回は、ヘルスチェック、トレーニング、デトックスブッフェと、すべてを体験したが、それぞれを単独で体験することもできる。なんばパークス8階という好立地にありアクセスも抜群なので、健康が気になるという人は気軽に訪れてみてほしい。

取材・文=glass

この記事の画像一覧(全27枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る