東京ミズマチに「沿線食堂」がニューオープン!東武鉄道沿線のソウルフードが大集合

2022年6月24日 11:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東武タウンソラマチが運営する東京ミズマチ(R)が、2022年6月18日に開業2周年を迎えた。2周年を記念して、同施設に東武鉄道沿線のソウルフードが一度に楽しめる「沿線食堂」がオープンした。

東武鉄道沿線のソウルフードが一度に楽しめる「沿線食堂」


「沿線食堂」では、日光や新桐生、春日部、新鹿沼など、東武鉄道沿線にある店の人気メニューが大集合。“肉のエアーズロック”といわれる大迫力のポークステーキや、うどんの老舗が手掛ける郷土料理「ひもかわうどん」など、下町にいながら沿線のご当地グルメを楽しむことができる。

安国屋(栃木・日光)

【写真】“肉のエアーズロック”と呼ばれる、安国屋(栃木・日光)のジャンボポークステーキ

“肉のエアーズロック”と呼ばれる超分厚いポークステーキが有名な日光にある定食屋。写真のジャンボポークステーキは、前日までに予約が必須。

幅広ひもかわ ふる川(群馬・新桐生)

幅広ひもかわ ふる川(群馬・新桐生)

創業50年のうどんの老舗が手掛ける幅広な麺が特徴のひもかわうどん。歯応えしっかり、もちもちの食感とつるつるの喉越しが自慢だ。

モホーク(埼玉・春日部)

モホーク(埼玉・春日部)

2021年にオープンした話題の肉バル。100%ポークを使用したハンバーグや、卵をとろっとろに仕上げたオムライスが看板メニュー。

東武らーめん店(埼玉・春日部)

東武らーめん店(埼玉・春日部)

東武スカイツリーライン春日部駅の構内で提供するラーメンは、昔ながらの懐かしい味わい。コロッケや天ぷらなど一風変わったトッピングもあり、根強いファンが多い。

かぬまシウマイ(栃木・新鹿沼)

かぬまシウマイ(栃木・新鹿沼)

鹿沼市は、同市出身である崎陽軒の初代社長・野並茂吉氏をたたえ、「かぬまシウマイ」 による町おこしを行っている。同じ栃木県の宇都宮餃子や佐野ラーメンのように、シウマイが鹿沼の名物になるよう、街全体で盛り上げている。

東京ミズマチの「沿線食堂」で、下町にいながら東武鉄道沿線の人気グルメを楽しんじゃおう!

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全6枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る