今年の花火大会行く?行かない?花火大会への期待度を1724人に大調査【2022年夏】

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

日本の夏といえば、スイカ、そうめん、そして、なんといっても花火大会!夏の風物詩として楽しみにしている人も多いと思うが、近年は新型コロナウイルスの影響で中止・延期になるケースが多く、コロナ禍前のように花火大会を満喫できていないのも現状だ。そこで気になったのが、「今年の花火大会への期待度」。どのくらいの人が花火大会に行こうと思っているのか、ウォーカープラスの読者1724人にアンケートを取り、花火大会への意識調査を実施してみた!
(※集計期間2022年6月17日〜6月26日 結果のパーセンテージは小数点以下切り捨て)

今年の花火大会、みんなはどうする?


2022年の花火大会に対する期待度は?

まずは、昨夏(2021年)は、どのくらいの人が花火大会に行っていたのだろうか。ほとんどの大会が中止になった2020年に比べて、オンライン開催や制限を設けて実施されるケースもチラホラと見受けられた2021年。「昨年、花火大会へ行きましたか?」という質問に対して、「行った」が5%、「行っていない」が94%という結果になった。

大多数の人が2021年は花火大会に行っていないことがわかったが、続けて、今年の期待度についてチェックしていこう。

2021年はほとんどの人が花火大会に行っていないという結果に

「今年の花火大会へ行く予定はありますか?」と問いかけたところ、最も多かったのが「新型コロナウイルスが落ち着けば行く」(27%)の回答だった。その次に「迷っている」(26%)人が多いことから、「行きたい気持ちはあるけど、まだコロナが心配だし……」という不安が世の中にまだまだ漂っているようだ。その結果、世間の様子を見て「行かない」(24%)と決めている人が多いとも推測できる。

【グラフ】今年の花火大会、みんなは行く?行かない?

ただ、会場に入場制限を設けるなど、感染対策を十分に施した環境を整えている大会も多くある。2021年に比べて今年は開催する大会も増えており、無理のない範囲で夏の一大イベントを楽しむのもいいだろう。

夏の夜空を彩る花火は日本の風物詩


手持ち花火するならどこ?

「花火大会には行けないけど、花火はしたい!」と思っている人も多いのではないだろうか?そこで次に「今年、手持ち花火をする予定はありますか?」と質問してみた。「しない」が35%だったが、「する、もうすでにした」が20%、「まだわからない」が44%となり、予定はしてないが、夏本番を迎えるこれからの季節、「手持ち花火を楽しみたい予備軍」は少なくないだろう。

夏の夜は手持ち花火も楽しみ

手持ち花火をする場所についても聞いてみた。「家の庭や敷地内」(45%)と答えた人が最も多く、次いで、「公園」(15%)、「海辺や河川敷」(13%)、「キャンプ場」(7%)というランキングになった。「帰省した時、おじいちゃん家の庭で花火をするのが恒例行事になっている」「仲間と毎年行くキャンプで楽しんでいる」など、夏の恒例行事としていろんな思い出も見えてきた。

夏休みの風物詩にしている人も多いのでは?

一年に一度の花火大会を満喫するのもいいが、時間がない人や人混みを避けたい人は、手持ち花火でせめてもの暑気払いを楽しむのもいいかもしれない。自分に合ったスタイルで、この夏を楽しく乗り切ろう!

感染予防対策を心掛けて夏の夜を楽しもう

この記事の画像一覧(全7枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る