カワスイ「恐竜・古代生物展」を深掘りできる古代メニュー!?ナゾトキシート、化石発掘をレポート

2022年7月26日 20:05更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

カワスイ 川崎水族館(神奈川県川崎市)は2022年9月25日(日)まで、特別企画展「恐竜・古代生物展~図鑑から飛び出した生きものたち~」を開催中。株式会社KADOKAWAの学習図鑑シリーズ「角川の集める図鑑GET!」とのコラボレーション企画第2弾で、恐竜のいた時代から生きている8種約22点の古代生物たちを展示している。

恐竜のステゴサウルスを彷彿とさせるポリプテルス・エンドリケリーなど、興味深い古代生物を展示


また、それに合わせて考案された古代をイメージしたメニューや、古代生物にまつわる謎を解くとオリジナルカードがもらえる「ナゾトキシート&古代魚MAP」、本物の化石が手に入る体験プログラムなど、期間中は楽しい企画も盛りだくさんだ。

川崎ルフロン10階にあるCAFE CRAMで味わえるスイーツが、「ザクザク恐竜ソフト」(550円)。これは店で人気のミルクソフトクリームに、大地をイメージしたザクザククッキーと恐竜の足跡をかたどったクッキーをダブルトッピング。実物を見るとクッキーの足跡がキュートで、写真を撮りたくなること請け合い!食べてみると、なめらかなソフトとクッキーの食感のコントラストが楽しい。

【写真】「ザクザク恐竜ソフト」(550円)。大地を表現したクッキーのザクザク食感がアクセントに


ドリンクは「チョウザメのタピオカドリンク(キャラメル/抹茶)」(各600円)を販売している。体形がサメにそっくりで、ウロコの形が蝶(チョウ)に似ているのが名前の由来となっている古代魚・チョウザメの卵といえば、世界三大珍味のキャビアとして有名。それに見立ててタピオカを使ったのが、この限定ドリンクだ。キャラメル味と抹茶味の2種類があり、ぷるぷるモチモチのタピオカの噛み心地がクセになる。程良い甘さなので、パパ・ママも飲んでみて!なお、特別企画展では、24種もいるチョウザメの中でも一番小さい種類のコチョウザメを観察できる。

「チョウザメのタピオカドリンク」(各600円)。キャラメル、抹茶ともに生クリームが添えられる

チョウザメの仲間で、小さくてかわいらしいコチョウザメを展示。発生の起源は約1億4500万年前!


期間中、入館ゲートで無料配布しているのが「ナゾトキシート&古代魚MAP!」。前回の特別企画展「世界の危険生物展」でもナゾトキシートは好評だったため、パワーアップして登場している。特別企画展会場である館内10階カワスイホールをはじめ、常設展示やルフロン館内を巡って、古代生物の謎を解いていく。答えのヒントは館内の展示パネルに隠れていて、注意深くパネルを読んだら答えが見つかるはず!

恐竜・古代生物たちについて楽しく学べるナゾトキシートと裏面の古代魚MAP。答えを書き込み、回答場所に持参すると「GET!恐竜」のカードと交換してくれる


第2弾ワークシートでは、新たに古代魚MAPが裏面に掲載され、期間中は常設展示の古代魚の水槽にオリジナル解説パネルを設置。そのパネルに隠されたキーワードを集めながら、古代魚を見て学べるのが楽しい。そして、表面のナゾトキシートの答えと古代魚MAPの各キーワードを、回答場所の9階カワスイ オフィシャルショップで伝えると、プレゼントとしてオンライン図鑑「GET!+(プラス)」にアクセスできる恐竜カード1枚(非売品)がもらえる。親子で一緒に楽しめるワークシートにぜひ挑戦しよう。

古代魚MAPに載っているアジアアロワナ。常設展示の3つのゾーンにいる17種の古代魚を探すのがミッション


カワスイホールではワークショップも開催中。第1弾のテーマは「本物の化石を掘ってみよう!」、古代のアンモナイトや特別企画展のキービジュアルになっている恐竜・スピノサウルスの歯の化石が発掘できる体験プログラムは貴重だ。化石は世界各地で発見された本物が入っているため、色・形がすべて異なり、アンモナイトとスピノサウルスのどちらが出てくるかも掘ってみないとわからない。カワスイのスタッフに聞けば、「アンモナイトがほとんどなので、スピノサウルスが出たらレアですよ」とのこと。化石ハンターになった気分でチャレンジを!

最初は硬いブラシでゴシゴシ削って、化石が見えたら柔らかいブラシで化石が傷つかないように取り出す

アンモナイト、スピノサウルスの歯の化石。体験プログラムは8月16日(火)まで、時間10時~16時(最終受付15時30分)、参加費1500円


なお、カワスイの外でも化石発掘ワークショップを期間限定で体験可能。ルフロン3階のイベントスペースにて、7月30日(土)・31日(日)、8月6日(土)~14日(日)の日程で開催される。参加料は通常1700円、カワスイの年間パスポート、当日の入館チケット、またはルフロンのアプリを提示すると200円割引になる。また、同スペースでは恐竜図鑑のパネル展示も同時に行う(※入場無料)。

ルフロン正面ゲートには大きな告知ボードがある。首が飛び出した恐竜がキービジュアルのスピノサウルス

子供は夏休みの自由研究にぴったりで、大人も恐竜時代のロマンを感じられるカワスイの「恐竜・古代生物展」。今だけの特別企画展をより深掘りするためにも、古代スイーツやナゾトキシート、さらに化石発掘ワークショップを体験してみてはいかがだろうか?

撮影・取材・文=小林智明

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全9枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る