【Pocochaコラボ】横浜名物「洋食キムラ」のハンバーグステーキを人気ライバーが実食!

2022年11月16日 17:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

DeNAが運営するライブコミュニケーションアプリ「Pococha(ポコチャ)」と、ウォーカープラスがコラボレーション。ウォーカープラスへの出演権をかけたライバー(配信者)向けイベントが開催され、東京エリアでは、ばりこさんがその権利をゲット。ばりこさんは今回、ハンバーグがおいしいお店として有名な「洋食キムラ 野毛店」(神奈川・横浜)を訪れ、同店の魅力をレポートしてくれた。

ハンバーグがおいしいお店「洋食キムラ」の野毛店を来訪したばりこさん


横浜市の桜木町駅近くに位置する人気の老舗洋食屋「洋食キムラ」は、昭和13年に創業し、平成に入り同所(野毛)にオープン。同店の貴邑店長は、看板メニュー「ハンバーグセット(プチサラダ・パンorライス付き)」(1660円)について、「貝殻形の鉄鍋に、真珠のイメージの目玉焼きと、ハンバーグステーキを乗せたメニューです。こだわりポイントは、ハンバーグの柔らかさ。お箸でもスッと通るくらいの柔らかさで仕上げています。ご来店されるお客さまの7割くらいがご注文されるんですよ」と、教えてくれた。

ばりこさんは「ハンバーグセット」と「プレーンオムレツ」を堪能!

看板メニューの「ハンバーグセット」。貝殻形の鉄鍋に入った目玉焼きは“真珠”のイメージなのだとか


ばりこさんはこのメニューを見て、「目玉焼きが乗っているハンバーグって、うれしいですね!」とニッコリ。「ソースがグツグツいっていて最高。熱々でおいしいです!」と笑顔を見せた。

「熱々でおいしい!」とばりこさん

お箸で切れるほど柔らかいハンバーグステーキにうっとり


ちなみにこのハンバーグには、スパイスが十数種類IN。タマネギは炒めずに入れているそうで「炒めるのと炒めないのとで、柔らかさと甘さが変わってくるんです。そのタネは、1度表面だけ焼いてひと晩寝かせ、スパイスとお肉がしっかり馴染んでおいしくなるようにして、お客さまにお出しするときにもう一度焼いています」と貴邑店長。

また、ばりこさんは、女性に人気だというメニュー「プレーンオムレツ」(1660円)も試食。このメニューについては、「ハンバーグにも使われている、創業時から継ぎ足して作っている自家製デミグラスソースと、当店のグラタンで使用している自家製ホワイトソースの2種類のソースをお楽しみいただけます」(貴邑店長)とのこと。ばりこさんは「オムレツに2色のソースって珍しいですね。ソースを混ぜると、また味が変わって楽しいです。中が半熟でトロッとしたオムレツもそそります!」と、同メニューを堪能していた。

2色のソースが珍しい「プレーンオムレツ」を実食

オムレツは中がトロッの半熟仕上げ!


最後に、同店について貴邑店長は「みなとみらいが近くという立地なので、観光でいらっしゃるお客さまも多いですし、古くからやっているので、親子3世代でいらっしゃるご家族も。お祝いの時にご利用いただくこともあります。祖父の代から続き、私で3代目になる当店ですが、“思い出の味”が、いつまでも変わらない味であり続けられるように…という思いでやっています」とアピール。ばりこさんは、「看板や店内も雰囲気があってかわいくて、デートや女子会にもぴったり!大好きな“昔ながらの洋食屋さん”、素敵でした!!」と、すっかり満喫した様子だった。

食後は「アイスコーヒー」(400円)も堪能

観光客も多く訪れる「洋食キムラ 野毛店」。同店は新横浜でも展開

「洋食キムラ 野毛店」店内の様子


●Pococha ばりこ
自己PR:「Pococha▶️ばりこで検索っ 遊びに来てね」

取材・文=平井あゆみ
撮影=後藤利江

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
                   
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全10枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る