鳥肌総立ち!累計来場者数50万人突破の大人気イベント「キモい展」がMARK IS みなとみらいで開催!

2022年9月23日 17:15更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

全国各地で開催するたび話題を呼び、累計来場者数50万人を突破した大人気イベント「キモい展」が2022年9月17日~10月30日(日)、MARK IS みなとみらい5F特設会場にて開催。

世界中から集めてきたキモい生き物たちを見て、触れて、食べられる⁉大人気イベント


期間中、世界中から集めた約30種の「見た目はキモチ悪いけど、『キモい』のには理由がある生き物たち」を展示。これまで見たことのないような奇妙な姿をした生き物や、普段の生活の中では出会いたくないような姿をした生き物をじっくり観察できる、鳥肌総立ち必至の貴重なイベントだ。

【写真】「キモい」のには理由がある生き物約30種を紹介


「キモい展2022 in 横浜」のゾクゾク、ドキドキな見どころ

「キモい展2022 in 横浜」の見どころは、キモい度MAXの映像空間が楽しめる「Mストリート」!Mストリートの「M」とは即ち、ミルワームの「M」。見た目や特技、食べたごはんの最終形態など、知っているようで実は知らない意外な一面を見ることができる。

見るだけでは物足りない!という人には、実際に生き物たちに触れ合える「ふれあいコーナー」がおすすめ。ニオイをかいだり、質感を肌で感じたりと、見るだけでは伝わらない新たな魅力が発見できるかも!

Mがうごめく空間に耐えられるだろうか…

やさしく触れて観察しよう!※画像はイメージ


担当者に話を聞いてみた。
「(今回のイベント開催の狙いは?)『何でそんな色なの?』『何でそんな形なの?』『何でそんな動きなの?』色や形や動きなど、気持ち悪いイメージの生き物ばかり集めた展覧会です。さまざまな生き物を見て・驚いて・体感してください。意外にかわいくて好きになるかもしれません。ターゲットはファミリー層を中心にカップルからシニアまで、幅広い層を対象としています」

「(今回のイベントの目玉は?)『М(ミルワーム)ストリート』では、キモい度MAXゾクゾク・ドキドキの映像空間がお楽しみいただけます。毎週月・水・金曜日の14時~14時30分は『ふれあいコーナー』を開催。今、話題の『昆虫食』も販売しています」

「(ユーザーへのコメントは?)生物の多様性は地球全体を支えているパーツです。この多様性あふれる地球の環境を、世代を超えて大切に伝えていきたいものです。『キモい』生き物とともにMARK IS みなとみらいでお待ちしております」

一度食べるとハマってしまう!?話題の昆虫食コーナー

今話題の昆虫食を取りそろえた販売コーナーも登場。見た目のインパクトが強いものの、実は栄養素が豊富な昆虫食。見た目はちょっと…だけど、食べてみたいという人はぜひこの機会にチャレンジを!

話題の昆虫食を会場で販売※画像はイメージ


◆キモい展2022 in 横浜
期間:2022年9月17日~10月30日(日) 
時間:11:00~19:00
※入場は閉場の30分前まで
※最終日の10月30日(日)は18:00閉場
会場:MARK IS みなとみらい 5F 特設会場
前売券:中学生以上700円、小学生以下500円 ※前売券の販売は9月16日(金)まで
前売券取り扱い先:ぴあスポット、セブン‐イレブン:●Pコード:993-889、ローソン、ミニストップ:●Lコード:32341
当日券:中学生以上800円、小学生以下600円 ※3歳以下入場無料

◆生き物たちに急接近!「ふれあいコーナー」
開催日:毎週月・水・金曜日
時間:14:00~14:30
※触れ合える生き物については当日のお楽しみです
※心臓の悪い方、アレルギーの方はご遠慮ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大状況によって、中止する場合がございます。

◆昆虫食販売コーナー
※アレルギーをお持ちの方はご注意ください。
※商品は一部変更になる場合がございます。
※売り切れの場合がございます。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮の上おでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る