【Pocochaコラボ】美容室を経営しながらライバーに!右も左もわからないままランキング2位を獲得?

2022年11月22日 17:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

DeNAが運営するライブコミュニケーションアプリ「Pococha(ポコチャ)」とのコラボレーション企画で、ウォーカープラスへの出演権を手にしたぴかちうさんが登場。美容室を経営するぴかちうさんがライバーを始めることになったきっかけやモチベーションになっていること、今後の展望など、今の自身について聞いた。

美容師と経営者、ライバーの三足の草鞋を履いているぴかちうさん


右も左もわからない配信初日から2位にランクイン!

現在28歳のぴかちうさんは、15歳から美容師としてのキャリアを重ね、3年ほど前に地元・佐賀で美容室をオープンした。

自身の店を経営しながら、コンスタントにライバーの活動を続けるのは大変なのでは?と聞いてみると、「基本的に店はスタッフに任せて、僕は自分のお客さんと経営周りをやっています。美容師としての仕事は1〜2割、あとは配信のための時間ですね」とぴかちうさん。予約は3日前までに、というルールを決めているのも、ライバーとしての時間を大切にしているからこそ。


そんなぴかちうさんがライバーになった理由も、お店での出会いにある。

「ライバーをやっているというお客さんから“配信を見て”と言われて登録したものの、タイミングが合わず、その人の配信を見られなくて。逆に自分も配信してみようかな、と興味本位でやってみたんです。そうしたら、そこに人がきてしまって」(ぴかちうさん)

とはいえ、配信を見たこともないぴかちうさんにとって、右も左もわからない状態。「最初の配信は雑談どころか、配信についてを僕がリスナーさんから教えてもらっていました(笑)」と振り返る。そのリスナーからイベントへのエントリーを勧められ、配信初日からなんとランキング2位を獲得。その経験が、ぴかちうさんをライバーの道へとのめり込ませた。


美容師の経験がライバーとしての糧に

店の一角にある配信ブースを中心に、時には飲食店などからも行っているぴかちうさんの配信は“相談枠”と呼ばれるものだ。

「美容師を13年やってきて幅広い年代のお客さんを接客してきたので、配信中はその延長線上で話している感覚ですね。そういう意味では、美容師の経験がライバーとしての糧になっていると思います。僕よりも年上のリスナーさんがほどんどなので、わいわいしている感じではなく落ち着いた雰囲気でやっています」(ぴかちうさん)


悩みをもつリスナーにアドバイスをする時、ぴかちうさんが大切にしているのは、自分だけでなくほかのリスナーも一緒になってリスナーの相談にのることなのだという。

「相談者と僕で1対1の会話になると、それ以外の人は楽しくなくなってしまう。それに僕だけの意見じゃなくていろいろな人の意見も取り入れた方が、相談者にとってベストな回答が見つかると思うんです。そういうことを考えて、みんなで悩みに答えたり、自分が悩んでる時はみんなに相談してもらう、という全体のコミュニケーションを意識して枠を作ってきました」(ぴかちうさん)


そう語るぴかちうさんの配信に対するスタンスには、怪我によって断念してしまったものの、プロを目指してすべてを捧げて向き合ったサッカーでの経験と重なる部分があるという。

「配信もサッカーのように、自分自身のパフォーマンスを見てもらう場。良いと思う人もいれば悪いと思う人もいるけど、良いと思ってくれる人を増やす努力をすれば良いと思っていて。配信後に明日はどうしようとか、これがダメだったからこう変えよう、と反省会をしたり、毎日の数字を手帳にメモして、1カ月ごとにまとめて結果を見たりしています」(ぴかちうさん)

1年以上毎日記録し続けているというメモが手帳にびっしり!


トライアンドエラーを繰り返して配信をブラッシュアップするぴかちうさん。「応援してくれる人が増えてランクが上がるほどに、使命感のようなものが出てきたんです。それがモチベーションに繋がっています」と真剣な眼差しで教えてくれた。


目指すのは“人を幸せにする存在”

やるならとことん、という気概を感じさせるぴかちうさんにとって、ライブ配信の魅力はどんなところにあるのだろうか?

「配信は編集作業もないので、今の気持ちを率直に伝えられるのが一番良いところ。良い面だけでなく、悪い面も見てもらうことで、本当の意味での自分のファンを作っていくことがライバーとしての自分にとって良い結果に繋がると思っています」(ぴかちうさん)


最後に、今後の展望について聞いてみると「配信で商品を紹介するということもやっていて。例えばリスナーさんが作っているカレーだとか。自分は発信するだけですが、それでリスナーさんに貢献できたら、お互いに幸せじゃないですか。だから、そういう影響力のあるインフルエンサー的な存在も目指していきたいですね」と、締めくくってくれた。

●Pococha ぴかちう
自己PR:「僕の発信で人が幸せになったらいいなって、そういう気持ちでライバーをやっています」
https://www.pococha.com/ja-jp/app/users/24ebaac3-4214-430f-a649-63100befddba

この記事の画像一覧(全11枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る