「IQOS ILUMA」専用たばこスティック「SENTIA」から6種の味わいが新登場!“煙のない社会”の実現を目指す

2022年10月25日 08:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

企業ビジョンである「煙のない社会」の実現を目指し、これまでさまざまなコミュニケーションを展開してきたフィリップ モリス ジャパン。同社は、「IQOS ILUMA」(アイコス イルマ)専用たばこスティックのブランド「SENTIA」(センティア)から、フレーバー系メンソールの「アイシー・パープル」など、新たな6銘柄を2022年10月25日(火)より発売する。

「IQOS ILUMA」専用たばこスティック「SENTIA」に新たな味わいが登場


「SENTIA」シリーズが全12種に!

新たな6銘柄(20本入り/各530円)は、やさしい味と香りの絶妙なハーモニーが楽しめる「ピュア・ティーク」(レギュラー)、まろやかなうまみと香りが特徴の「バランスド・イエロー」(レギュラー)、心地いい清涼メンソールの「クール・ジェイド」(メンソール)、ほのかに香る強冷メンソールの「アイシー・パープル」(フレーバー系メンソール)、 後味すっきりの「シトラス・グリーン」(フレーバー系メンソール)、酸味爽快でフルーティな 「トロピカル・イエロー」(フレーバー系メンソール)をラインアップ。これにより「SENTIA」は全12種となった。

「SENTIA」全12種のラインアップ

「SENTIA」は全12種に(写真のキットは非売品)


同社ポートフォリオ・マネージャーの村上彰啓氏は、「『煙のない社会』の実現を企業ビジョンとしてきた当社では、その実現のためにさまざまなコミュニケーションを展開してきました。『IQOS ILUMA』の展開などによる後押しもあり、世界のIQOSユーザーは順調に伸長しております」と現況を説明。

ポートフォリオ・マネージャーの村上彰啓氏


さらに、「2022年10月1日からの加熱式たばこ税の増税に合わせて値上げされるなか、当社では20歳以上の喫煙者に『煙の出ない製品』への切り替えを促し企業ビジョンを推進していくため、また、現在の経済状況において製品の競争力を維持するため、『IQOS ILUMA』専用のたばこスティックの2つのブランド『TEREA』(テリア)と『SENTIA』の小売価格を従前のままご提供させていただくことになりました」とコメント。

今回登場する「アイシー・パープル」については、「(従来のブレード型IQOS専用たばこスティックである)『HEETS』(ヒーツ)シリーズにも存在していない、需要の高い味わいのセグメントに製品を投入していくことで、一層『SENTIA』をお試しいただく機会を増やしていきたいと考えています」と、発売に至った理由を語っていた。

【写真】フレーバー系メンソールの「アイシー・パープル」など、新たに6銘柄が追加される


なお、新たに登場する6銘柄は、2022年10月25日(火)より全国8店舗のIQOSストア、IQOSショップ(ヤマダデンキ一部店舗)、IQOSコーナー(ドン・キホーテ系列一部店舗他)、コンビニエンスストア及び(在庫状況に応じて)選定されるたばこ取扱店にて順次発売。2022年11月1日(火)からはIQOSオンラインストアにて発売する。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る