7つの階段に博多名物が並ぶ!3種類のぜいたくな海鮮丼定食が新登場

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

福岡市中央区今泉の「博多炉端魚男(フィッシュマン)」が、見て楽しい&食べておいしい「階段どんぶり」定食をスタート。豪華な3種類の定食が新登場した。

2009年のオープン以来、同店で大人気の「元祖!お刺身階段盛合せ」。そのフォトジェニックな階段を利用した“どんぶり定食”が、新しくランチメニューに加わった。「ザ・博多丼(2980円)」「燻製醤油漬け本マグロ丼(2680円)」「サーモンいくら丼(2680円)の3種類で、名物になっている7つの階段には博多の名物料理が並ぶ。

豪華な海鮮丼に7つの博多名物が勢ぞろいする姿は圧巻!

「ザ・博多丼」(2980円)は、旬の魚介がつまった豪華な海鮮丼で、さまざまな海の幸を堪能できる。

「ザ・博多丼」(2980円)


「燻製醤油漬け本マグロ丼」(2680円)は、鹿児島で人気の醤油「母ゆずり」を店舗で燻製して本マグロを漬けた一品。スモーキーな醤油がマグロをより引き立てている。

【写真】「燻製醤油漬け本マグロ丼」(2680円)。自家製燻製醤油とマグロがベストマッチ


海鮮親子丼として鉄板のコンビである「サーモンいくら丼」(2680円)は、サーモンのうまみとキラキラ輝くいくらの食感が食欲をそそる。

「サーモンいくら丼」(2680円)


7つの階段にのる博多名物は3つの定食ともに共通。1段目は博多名物としておなじみの明太子、2段目は新鮮さと味にこだわる福岡県産の「味宝卵」を使った温泉卵、3段目は博多の郷土料理として愛されているゴマサバ、4段目は博多の鶏肉専門店「とり祥」の鶏皮うま煮、5段目は福岡の郷土料理「がめ煮」、6段目は旬の野菜のお浸し、7段目がたたき山芋というラインナップで、目でも舌でも存分に楽しめる定食だ。

ランチタイム限定のデラックスな海鮮丼定食で、博多名物の味をご堪能あれ。

■博多炉端魚男(フィッシュマン)
住所:福岡市中央区今泉1-4-23
電話:080-4358-3875
営業時間:11時〜15時、17時〜23時
定休日:月曜日

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!六本木周辺のイルミ情報はこちら

人気ランキングも要チェック!

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

いちご狩りの人気スポットランキング

お花見ガイド

お花見ガイド

お花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

お花見・桜名所ランキングもチェック!

ページ上部へ戻る