芦田愛菜、6分の1にたためるペットボトルをサントリー天然水の発表会でアピール「簡単で楽しい」

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

4月5日、「サントリー天然水」2リットルペットボトルの新容器を発表するイベントに芦田愛菜が登壇。飲み終わった空容器が、“約6分の1のサイズまでたためる”ことをアピールした。

「サントリー天然水」2リットルペットボトルの新容器を発表するイベントに芦田愛菜が出席


環境負荷低減やユーザビリティ向上など、さまざまな取り組みを実施している同社は今回、「サントリー天然水」ブランドの基幹商品であるナチュラルミネラルウォーター「サントリー天然水」2リットルペットボトルにおいて、飲み終わった空容器が、約6分の1のサイズまで“小さく、たたみやすい”新容器を開発。この容器を採用した商品は、4月上旬から順次発売予定だ。

楽しく取り組むことで、より質の高いペットボトルの資源循環を目指す

「つぶしたのに元にもどってしまう」「回収日まで家の中でかさばる」といった不満も解消


新容器は、持ち手となる胴部を、平行四辺形にすることで自然と斜めにつぶれやすい形状にした。また、つぶした後「折りたたむときの目印」として、ボトルの肩と底の部分に星型のエンボスをデザイン。ボトル肩にはヤマ折り線を付け、たたんだ際に小さくロック(固定)できる形状にしている。

独自のたたみ方も開発!空容器は約6分の1のサイズまで縮小できる


発表会に出席した芦田は、プレス陣のこの新容器のたたみ方をレクチャー。「ステップ1のコツはお腹の部分を斜めにずらすことです。ステップ2は、真ん中から縦にペコリと二つ折りにして、肩の部分を強く押し込んでください。肩と底の部分に星マークが付いているので、その星と星のマークを合わせるように。そしてステップ3は、底の部分をギュッと押し崩して、平らに。最後は折りたたんだら、ボトルの首を手間に折り曲げてロックして完成になります」と、分かりやすく説明し、「簡単で楽しいので、たくさんの方に体験していただきたいですね」と笑顔を見せていた。

たたみ方の4つのステップを説明!

「ペコリと二つ折りに!」など、コツを解説してくれた


ちなみに芦田は、4月17日(月)からオンエア開始する新CM「未来のためにできるかな?」篇に、布袋寅泰、お笑いコンビ・ティモンディ(高岸宏行、前田裕太)と共に出演。新容器を普段からたたみ慣れている様子の芦田に、戸惑いながら布袋がたたむコツを教わっている…という内容で、楽しそうな表情の2人が印象的だ。同CMについて、芦田は「和気あいあいとしていた撮影現場の雰囲気が表されていると思います」と話していた。

たたみ方をレクチャーした芦田愛菜

【写真】新CM「未来のためにできるかな?」篇には、布袋寅泰、お笑いコンビ・ティモンディ、芦田愛菜が出演!


取材・文=平井あゆみ

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!2024年の桜開花予想はこちら

ページ上部へ戻る