人気芸人を輩出した“伝説の枠”で2つの新番組がスタート!フースーヤ・谷口「華大さんと千鳥さんに『ラチャ』と言わせたい」

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

CSスポーツチャンネル「GAORA」、兵庫県を中心に番組を放映している「サンテレビ」による新番組の合同発表会見が、2023年5月17日によしもと漫才劇場(マンゲキ)で行われた。

この会見では、6月から放送開始となる『マジで勘弁!けびた君』『カベポスター・天才ピアニスト・フースーヤのワチャラチャ忍忍』の2つの新番組を発表。レギュラーとして登場する6組の芸人たちが登場し、番組の見どころや出演に向けての意気込みなどを話した。

新番組『マジで勘弁!けびた君』『カベポスター・天才ピアニスト・フースーヤのワチャラチャ忍忍』がスタート!


5人兄弟のドタバタバラエティ!『マジで勘弁!けびた君』

最初に紹介されたのは、GAORAで6月3日(土)から放送される新番組『マジで勘弁!けびた君』。5月に終了する『ロングコートダディ・ニッポンの社長のぼちぼちストレンジャーズ』の後番組で、昭和レトロな街並みで育つ「けびた家」の5人兄弟がさまざまな人を巻き込み、ドタバタバラエティを繰り広げるというコンセプトだ。

会見ではレギュラーのkento fukaya、ビスケットブラザーズ(きん、原田泰雅)、滝音(さすけ、秋定遼太郎)の3組が、けびた家5人兄弟の姿で登場。見どころや注目ポイントなどを話した。なかでも目玉なのは『元○○さん登場』という企画で、さまざまな職業を引退した“元○○さん”をゲストに招いてその世界の裏話を聞き、出演者がそのジャンルに関わることに挑戦するコーナーだ。初回収録では「元万引きGメン」や「元力士」を招いたという。

『マジで勘弁!けびた君』

けびた家のポーズからも、メンバーたちの仲の良さが伺える


もう1つのポイントは、番組イラストを『海月姫』『東京タラレバ娘』で知られる漫画家・東村アキコが手掛けているところ。ビスケットブラザーズ・原田が東村にSNSでフォローされたことをきっかけに、思い切ってオファーして実現。東村が趣味で原田の似顔絵をよく描いていたために、すぐにイラストが完成したという。

kento fukayaが「1回目では全員が仲良く収録できたので、回数を重ねるごとにパワーアップしてお送りできると思う。ぜひ、僕たちの成長を見届けてほしいです」と語ると、MCの令和喜多みな実・河野良祐が「最初から成長しといてえや!」と鋭いツッコミを入れた。

【写真】番組の見どころを語るけびた家の5人兄弟たち


お笑い界に“突風”を!新番組のコンセプトは「忍者」

続いて、サンテレビの新番組『カベポスター・天才ピアニスト・フースーヤのワチャラチャ忍忍』の紹介へ。6月に終了する『さや香・ラニーノーズ・ネイビーズアフロのバツウケテイナーR』の後番組だ。

人気上昇中であるカベポスター、天才ピアニスト、フースーヤの3組が、“実は忍者だった”というコンセプト。3組が扮するのは忍なのに忍ばない、目立ってナンボのお調子者忍者だ。一人前のおもしろ忍者になるため、修行中の彼らが毎回さまざまな企画や対決を行う、“忍者エンターテインメント”だという。

『カベポスター・天才ピアニスト・フースーヤのワチャラチャ忍忍』

登場と同時に「忍者ポーズ」!


番組名の「ワチャラチャ」について、フースーヤ・田中が「わちゃわちゃしていくというイメージに、『ラチャ』というスペイン語で『突風』という意味の言葉を入れ、『お笑い界に突風を吹かせたい』という意味を込めた」とタイトルの由来を話した。

番組内では、6人が修行と称して体を張ったさまざまな検証を書き記す「面白忍法帖」や、特殊技能や能力を持つ忍者軍団を呼んでメンバーとゲームなどを行う「特化した能力を持つ○○芸人軍団と対決」、子供たちが使えるギャグや日常で使える豆知識などを紹介する「明日から使える!○○術披露」など、忍者というキャラクターを生かした企画が行われる予定だ。

番組の見どころを語るワチャラチャ忍忍のメンバーたち


「けびた君」VS「ワチャラチャ忍忍」がゲーム3本勝負!

新番組の紹介が終わった後は、けびた君チームとワチャラチャ忍忍チームに分かれ、「マジで回答!答え揃えましょう!」「ワチャラチャ!風船チャンバラ!」「5秒追加綱引き」という3本のゲームに挑戦。勝ったチームにはご褒美が、負けたチームには罰ゲームが番組内で実施される予定だ。

1つ目のゲームは「○○といえば何?」というお題にメンバー全員が同じ答えを出せばクリアの「まじで回答!答え揃えましょう!」。2分間、メンバーたちは「兄弟喧嘩の原因といえば?」や「新番組で発売したいグッズといえば?」などのお題に挑戦するも、どちらのチームもボケ合戦に発展し、バラバラな回答ばかりでタイムアップ。結果は引き分けに終わった。

なかなか答えが揃わず苦戦!


2つ目は「ワチャラチャ!風船チャンバラ」。頭に乗せた紙風船をチャンバラで割るというもので、大将の風船を割ったら勝利。けびた君チームは大将をビスケットブラザーズ・原田に、ワチャラチャ忍忍チームは大将をカベポスター・永見に指名してゲームスタート。開始と同時にワチャラチャ忍忍チームは猛攻を繰り出し、ものの数秒で大将・原田の風船を割って決着。永見は「後ろでわらわらしてただけだったのでつまらなかった」と漏らした。

けびた君チームを襲撃するワチャラチャ忍忍チーム


最後のゲームは「5秒追加綱引き」。最初は0人対0人から始め、5秒ごとに袖から1人ずつ現れて綱を引き、敵チームを袖の中まで引っ張ったチームの勝利だ。1戦目ではビスケットブラザーズ・原田が飛び出して引っ張り、けびた君チームの勝利。2戦目では天才ピアニストが2人がかりで抵抗するも、ビスケットブラザーズ・きんが力づくで引き込んでワチャラチャチームの惨敗。3戦目も同じくビスケットブラザーズと天才ピアニストの勝負となったが、一瞬で決着。3戦連続でけびた君チームに軍配が上がった。対戦しているはずが、2チームの息の合ったボケに会場も大爆笑。

綱引きでズルズルと引っ張られていく天才ピアニストの2人


しかし、MC・河野の判断により、けびた君チームは5秒追加綱引きでルール違反をしたとして失格に。最終的に「ワチャラチャ!風船チャンバラ」で勝利したワチャラチャ忍忍チームの優勝となり、ゲームは終了。番組では、果たしてどのようなご褒美と罰ゲームが行われるのだろうか?

注目株の若手芸人たちが“伝説の枠”への意気込みを語る

会見後の質疑応答では、それぞれのメンバーが番組収録に向けて意気込みを語った。GAORA、サンテレビともに“伝統の枠”と呼ばれる曜日・時間帯の番組ということで、全員やる気満々だ。

『マジで勘弁!けびた君』に出演するビスケットブラザーズ・きんは、「由緒ある枠であること、そして過去の実績や出演者を見ている時に『これは安心だな、売れ確だな』と思える顔ぶれだったので、夢が叶いましたね」と目を輝かせた。

さすけ以外がNSC大阪33期生と同期のため、ビスケットブラザーズ・原田は「3組だけでしか見えない面が見えたらいい」、kento fukayaも「同期ならではの仲良さを見せたいです」と意気込みを語った。

会見後、質疑応答に答えるメンバーたち


『ワチャラチャ忍忍』に出演するカベポスター・永見は、「すごい枠をいただいたので盛り上げていきたい。サンテレビで『24時間テレビ』をして、某テレビ局の24時間テレビに被せて武道館で収録をしたい」と壮大な夢を語り、報道陣を笑わせた。

また、「『ワチャラチャ忍忍』が放送される火曜夜10時は、裏で博多華丸・大吉や千鳥の番組、報道番組などがひしめく時間帯だが、そのあたりについてどう思うか」という質問に対し、フースーヤ・谷口は「華大さんや千鳥さんが『裏にワチャラチャ忍忍あるしな』と思うような番組にしたい。あのおもしろい人たちに『ラチャ』って言わせたいですね」と答えた。

天才ピアニスト・ますみは報道番組と被ることについて、「こちらも報道的な企画をしますからね!」と対抗意識を燃やし、フースーヤ・田中も「『この時間帯の番組は全部おもしろいよな!』と世間に言われたら勝ちですよね」と番組へのやる気を表明した。

“伝説の枠”にさらなる伝説が生まれそうだ


取材・文=福井求(にげば企画)

この記事の画像一覧(全12枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!2024年の桜開花予想はこちら

ページ上部へ戻る