大ヒット上映中!映画『忌怪島/きかいじま』でホラー初主演を務めた「なにわ男子」の西畑大吾は、実はホラーが苦手⁉

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「ホラーは苦手」と公言していた西畑大吾が、Jホラーを代表する清水 崇監督の最新作『忌怪島/きかいじま』で主演を務める。そんな彼が語る”これまでのホラーとは違う魅力”とは…。

(C)2023「忌怪島/きかいじま」製作委員会


――映画『忌怪島/きかいじま』でホラー初主演を務めた「なにわ男子」の西畑大吾。Jホラーを代表する清水 崇監督との仕事はうれしかったが、ホラー作品は苦手だったとか。

【西畑】「清水監督とは以前、ドッキリ番組でお会いしました。それは僕らなにわ男子の3人が清水監督の仕かけたドッキリに引っかかるというものでしたが、そこからのご縁もあって、今回の『忌怪島/きかいじま』に主演として呼んでいただけて、すごくうれしかったです。でも、僕は怖がりだし、超ビビりなので、ホラーを積極的に観る人ではなくて。それでも小学生のころは怖いもの見たさで観ることもあったんですけど、大人になるとより苦手になって。たぶんそれは、昔は平気で虫を触れたけど、今は『絶対に無理!』と思うのと同じなのかなと。でも、今回は怖いだけでなく、人間の愚かさや悲しみを描いたドラマに加え、ミステリーやサバイバルの要素も含まれた脚本で、先の見えない展開にワクワクしました」

(C)2023「忌怪島/きかいじま」製作委員会


――彼が演じるのは、島でVR研究を行う機関“シンセカイ”に参加することになる天才脳科学者の片岡友彦。自分の研究分野以外には興味のないマイペースぶりで、初対面の“シンセカイ”メンバーにあいさつもない。西畑が見せる表情も、「なにわ男子」の時とはまるで違う。

【西畑】「なんにせよ、あいさつはしないとダメですよ(笑)。でも、友彦は自分ではわかっていないかも知れないけど、素直な子だと思います。というのも、自分の好きな脳科学の話をした時に、シンセカイのメンバーが『さすがは天才!』とほめてくれて、内心のうれしさが照れた表情に出てしまっているんですよね。たぶん、自分で『俺は天才!』と思っている人なら、そういう反応はしないと思うので。僕もほめられるとうれしくて、顔に出てしまうので、そこは友彦と共通している部分だと思います」

(C)2023「忌怪島/きかいじま」製作委員会


――演じるうえでは、友彦の天才ならではの部分を意識したという。

【西畑】「彼のように天才と呼ばれる方々は、自分の好きな得意分野の話になると、急に早口になるイメージがあって。それは取り入れたい要素だったので、脳科学的な話をする時は、できるだけ早口で話すように心がけていました。ただ、僕自身、どちらかといえば文系の人間で、脳科学なんて考えたこともなかったので、セリフは今まで聞いたことのない言葉ばかりで、それを覚えるのは大変でした」

(C)2023「忌怪島/きかいじま」製作委員会


――因習、呪い、怨念といったJホラーの伝統的要素に加え、メタバース、VRなど、進化が予測される技術が盛り込まれているのが、この『忌怪島/きかいじま』の新味。

【西畑】「僕は、これが“令和のホラー”なんだと思いました。この作品でも重要な要素として出てくる“メタバース”に関しては、すでによくご存知の方もいるとは思いますが、僕は最近になって、耳にするようになりました。『なにわ男子』として出演させていただいている『まだアプデしてないの?』(テレビ朝日系)で、そういう企画をやったこともあるかも知れないですが、この映画で描かれている、その場のにおいや、脳の中の思考まで再現できるというのは、ちょっと怖いなと思います。今の技術の進化を考えると、きっとそれもすぐそこまで近付いてきているんでしょうね。それも含めて、この映画はさまざまな角度から観ることができて、いろいろ考えさせられる新しいタイプのホラー映画になっていると思います。まあ、ビビりの僕は、話の展開を知っていて、自分が演じているのにもかかわらず、試写もビビりながら観ていましたが(笑)、ぜひ多くの方にご覧になっていただきたいです!」

(C)2023「忌怪島/きかいじま」製作委員会


――最後に、「なにわ男子」のなかで、ビビりのメンバーは?

【西畑】「たぶん全員だけど、あえて挙げるならみっちー(道枝駿佑)。機会があれば、彼のトラウマになるぐらい“血みどろ落とし穴”ドッキリを仕かけてみたいです(笑)」

(C)2023「忌怪島/きかいじま」製作委員会


<作品紹介>
映画『忌怪島/きかいじま』
ある島でVR研究を行う天才脳科学者の片岡友彦(西畑大悟)と、チーム“シンセカイ”のメンバーたち(平岡祐太、水石亜飛夢)。ある日突然、開発中のVRにシステムエラーが発生し、そこに赤いバグが現れる。やがてそれは島の“イマジョ伝説”と関わりがあることがわかり、奇怪な死を遂げる人々が続出していく。

<プロフィール>
西畑大吾(にしはた・だいご)■1997年生まれ、大阪府出身。14歳でジャニーズ事務所に所属し、NHKの連続テレビ小説『ごちそうさん』への出演で注目を集める。所属グループの『なにわ男子』としては、21年にシングル『初心LOVE』でCDデビュー。俳優としての出演は、映画『KAPPEI カッペイ』、ドラマ『新・信長公記〜クラスメイトは戦国武将〜』など

※本記事は『異界Walker』からの転載記事です。

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る